wild

Morel Mushroom Hunt アミガサタケ採り

morel 1 週末、近所の若家族が、今は、モレル・マッシュルームが採れる時期なんだけど、ドミニクの隣の森にも生えているかもしれないから、一緒に探しに行こうと誘われて、きのこ狩りに行ってみました。

自生しているきのこって、よく似た形で猛毒のものもあって、間違って食べてしまったというニュースもよくあるから、興味はあったけど行ったことはありませんでした。でも彼曰く、このモレルにも似たもので気をつけるものもあるけど、まず間違えるようなものではなく、一応一番安全なきのこの種類の一つということ。それならと、かごを持って森へと入って行きました。

ポイズンアイビー(ツタ漆)や蛇に気をつけながら、かがんで目を凝らして、探しながら進んで行きます。「お、あるぞここに!」。声のほうへ行ってみるとありました!「一つあればこの辺りにグループで生えているはずだから、よく回りも見るといいよ」と言うので、じーっくりと。「お!あった!あ!ここにも!」という具合。きのこの色と枯葉の色が似ているので、見過ごしてしまいそうですが、目が慣れてくると、ちょこちょこあります。でもどこでも至るところにということでもなく、彼の長年の経験からポプラの木の下、小川の近くのちょっとじめっとした、緑も少しあるようなところが狙い目だということ。1時間ちょっと歩いて、40個くらい採れたでしょうか。

持って帰って山分けして、早速、味見。まずは、塩水につけて外側や中(中が空洞になっている)に入っている土や虫を落とします。生食は駄目。ソテーしたり、オムレツに入れたり、パン粉をつけて揚げたりすると良いのだそう。今回はシンプルに、バターと塩コショウ、ガーリックパウダーでソテーしました。花は、きのこ類は好きではないけど、「おいし~!もっと食べたい!」と言う程でした。私も気に入り、料理の仕方のせいもあるかと思いますが、アサリ貝のソテーを思い出しました。

ドミニクは、どうだったかって?なんと彼、「食べない、今、いらない。」と言って、食べなかったのです!私たちが食べた後、「私たちに毒味させたでしょうー!!?」って聞いたら、「その通り!なんかあったら、誰か動ける人がいないとね。皆で倒れてられないでしょう」と。ま、確かにそうかとも思う。でも花も食べたのよ!それはどういうことよ!こういう人、いい人なの?嫌な奴なの?

確かに調べると、人によってはこれが原因じゃないかと思われる嘔吐などがあった例もあるけど、その人の医師が、同じ場所に生えていたものを大量に食べたけどなんともなかったと。生食で食べないということの他にもアルコールと一緒に食べない方がよいともありました。たまに人によってよくないというのは、納得かも。私の父は、別々なら大丈夫なのに、乾燥椎茸と酢が混ざったもの(このときはビーフストロガノフだった)を食べると、全身にひどい蕁麻疹が出ることが判明した過去がある。自生食材、気をつけつつ楽しみましょう。

morel 2morel 3

Found a Rabbit! 野うさぎ

rabbit 2少し前からウサギのような糞や足跡があると花が言っていたけど、今まで庭で見たことがなかったから、リスとか何か違う動物なのかもねえと思ってそのことを忘れていました。そしたら先日、庭の端で何かが動いたので目をやるとウサギ!野生のウサギ!いや~かわいい~。さすがにちょっと近づこうとしただけですぐにぴょーんぴょーんと素早く逃げられました。

意外にもここで野うさぎをみるのは初めてのことだったのですが、他にもちょっとした変化があります。ここのところ野生の鳥たちは多くやってくるのですが、リスを見かけなくなったねえと隣のおじちゃんと話していました。するとついにおじちゃんが目撃したのです。なんと飼い始めた鶏たちがリスを追い掛け回していたと!最近は鶏たち、犬にも動じません・・・。犬の餌も堂々と食べています。スヌーピーが餌入れが何かに当たって「カン!」と音がするととても怖がるのに気付いたのか、リーダーの鶏が餌入れに片足を引っ掛けて踏みつけるように蹴って「カン!!」と音を出して、犬を追いやってから食べ始めるんですよ!!頭いいー!というか、こっわー!

Double Chocolate Berry Pie 

double chocolate berry pie 2

 

今年はブラックベリーの当たり年のようです。沢山の実!場所によってはとても大きな実になっています。どんどん熟れてきて、昨日は100粒くらいは採れたでしょうか。美味しく熟れたものもありますが、野生のせいか殆どが酸味が強く青臭さがあります。少し甘く食べやすくなればと思い、ブラックベリーをグラニュー糖とブランデー(香りつけ程度)に一晩漬け、それを使ってダブルチョコレートベリーパイと勝手に名づけたパイを作りました。買ったタルト台にジェロのホワイトチョコとチョコレートの素を硬めに作り、二層に流しいれて冷蔵庫で冷やしておき、生クリームと漬けたおいたブラックベリーで飾ります。

 

black berryblack berry 2blackberry in brandy

熟れてきました~! Blackberry Muffins

blackberry muffin blackberry muffin  2庭のブラックベリーが熟れてきました!二・三日前に一株だけ赤く(黒く)なっているのがあって、花とその場で味見をしました。種の粒々がちょっとゴリゴリと歯に当たり、甘酸っぱい野性の味だ。今日は50粒くらい見つけることができて、花がパイにしたいと。でも、あまり量がないからマフィンにしようということになり、マフィンを4個作ってみました。マフィンってどうやって作ってたっけ?と言いながら、

バター(残っていたバター1/3カップくらい、室温で柔らかくしておく)と(1個)、砂糖(1/2カップ強)、小麦粉(1カップ篩っておく)、ベーキングパウダー(小匙1)、牛乳(1/2カップくらい、硬そうだったら少し足していく)を混ぜてから、ブラックベリーを入れざっくりと混ぜて、180℃(350F)で様子を見ながら30分弱焼いてみました(表面が割れて、一部が少しこんがり、楊枝をさして生地がべったりとついてこなければ焼けている)。

冷めるのを待てずに熱々を食べたら、ん~、素朴なシンプルマフィン!美味しい~!後一週間もすれば、パイが出来るくらい、そしてジャムが出来るくらいに実るかな!?

Wild Blackberry 野生のブラックベリー(木苺)

wild black berry

引っ越してきたときはほんの数粒しか採れなかった野生のブラックベリー。この6年の間に家の周りの大きな木を切ったり、毎年落ち葉の処理をしてきたことで日が当たりだし、どんどん増えて、今年はこんなに白い花がついています。立派な実になる年、あまり実が大きくない年、最後までよく熟さない年と色々なのですが、今年は期待できそうです。写真ではよく分かりませんが、右上に写っているブランコの左側にもブラックベリーが広がっています。見た目は可愛いし、ベリーは沢山採りたい。でもこの植物、棘だらけ!そして葉の形がよく似ているツタ漆も共生することが多くて、そう簡単には採らせてくれない・・・。そ~んなことにはめげない私。早く実になれ~。