sweetened

あんぱん - Sweetened Red Bean Buns –

An-panパン焼機に付いてきたレシピのディナーロールをパン生地に使って、あんぱんを作ってみました。羊羹好きな花はもちろん、餡子の美味しさを理解できない夫ドミニクも気に入って、高評でした。

先日、お友達の家に遊びに行ったときに、彼女が色々試して、これだと思う生地で作ったというあんぱんが、とても美味しかったのです。それ以来あんぱんがずーっと頭から離れなくて・・・。彼女のレシピを次回会った時に聞こうと思いながら、なかなか会えないままでいるので、今回は、取り急ぎ簡単に出来そうなディナーロール生地で作ってみたのです。ちゃんとあんぱんになることが分かったので、Dinner Rollこれからアジアンマーケットで餡子を買う度に、作ろうと思います。パン(炭水化物)に甘い餡子(砂糖たっぷり)、太りすぎに要注意だけど!!餡子が足りなかった分は、レシピ通りにディナーロールにしました。とは言っても、生地材料を全部機械に入れて、普通の生地機能を使うと2-3時間かかるので、ピザ生地機能で生地(45分)を作って、ベンチタイム等も適当にしたのに、美味しかった。本物を目指す人には、許せない行為だろうな・・・。でも、これでクリームパンやチョコパン、カレーパンなんかも作ってみたいな。

材料

  • ブレッドフラワー  カップ 3・1/4
  • 砂糖         カップ 1/4
  • 塩           小匙 1・1/2
  • ドライミルク     大匙 3
  • バター        大匙 3
  • 水           カップ 1
  • ドライイースト    小匙 1・1/2
  • 餡子         適量

作り方

  1. 材料をパン焼機に入れ、生地を作る。倍の大きさになるまで、パン焼機の中に置いておく。(餡子以外の材料をボールに入れて、艶が出てくるまで、手で根気良く混ぜるてもできると思います。)
  2. 生地を取り出して、12個ー15個分くらいの大きさに均等に切り分けて丸めて寝かせる。20分くらい。
  3. 膨らんだ生地を一度潰して、餡子を包める程度に平たく伸ばし、餡子を包み込み、生地の端と端を摘みながら閉じていく。閉じた部分を下にして天板に置いていく。
  4. サランラップか固く絞ったふきんでカバーして、50分くらい寝かせる。
  5. 350F(180℃)で15分くらい様子を見ながら焼く。

※お好みで、艶出し用に溶いた卵を焼く前のあんぱんにブラシで塗り、ゴマや桜の花の塩漬けをトッピングしても。