roast

ひまわりの種 Sunflower Seeds

sunflower 5思った以上に背が高くなって竹の棒で支えてあげたりと大変だったひまわり。立派に花が咲き、今度は収穫のときが来ました。日本にいるときはひまわりの種なんて食べたことがなかったような・・・素朴なパン屋さんで売っているパンの中に入っていたかな~というくらいですか。

初めてアメリカに来たときに、女子高校生が、「え?!食べたことがないの?」ってポケットから殻付きのひまわりの種を数粒味見させてくれて、美味しい、こんな素朴な体に良さそうなものをスナックとして食べてるんだ~甘いものばかりじゃないのねって印象に残ったのを覚えています。

ドミニクの大好物だということも分かって、5袋くらいは家に常備しておかないといけないくらい。お店に殻付き、中身の種だけなど袋に大量に入って売っています。ドミニクは殻付きを買うのですが、テレビを見るときや庭仕事で小腹が空いたときに、リスのように両頬に入れ、一粒ずつ舌先で前歯の辺りに押し出し、歯で割って中身だけを口に残し、殻をプッと吐き出す(ちゃんと袋に食べ方としてそう書いてあるのです)。本当に早くてすごい技です。私にはできません。花も私も真似をしますが、殻も中身も全部噛んで、モサモサ感を感じながら塩気と香りを楽しんで、全部出すといった具合です。

お店に売っているのと、自分の庭のひまわりで作るサンフラワーシード。何が違うかちょっと楽しみに作ってみました。ざっと洗って、塩を揉み込み、オーブンで焼く方法と、鍋で塩水から30分くらい湯がいてオーブンに入れる方法の二つをしてみました。鍋で湯がいてからの方が、少しある殻の臭みが取れてよいようでした。風味豊かで美味しかったのですが、中身が焼けすぎてしまっているのがあったりで時間や温度の調節はもうちょっと研究したいなあという結果でした。

ドミニクが来年は、ドライブウェイ全部に植えると言っています。

sunflowersunflower 2sunflower 4sunflower 3

Roast Beef – Japanese style gravy

この味のローストビーフに出会ってからいつもこれです。肉を糸で縛るのがよいのでしょうが、家にないことが多いのでそのままで焼いています。

写真のライスは、夫の同僚(イラン出身)が作ったというイランのご飯(ペルシャ料理)。roastbeef,iranianrice

レーズンや豆、ミートボール、スパイスが入っていて食べたことの無い不思議な味でした。美味しかったです。

材料

  • 牛もも肉  500g
  • 玉葱    1個
  • 塩コショウ 適量(タイムやオレガノ、ローズマリーなどのハーブをフレッシュ又はドライで使うのもお勧めです)
  • ガーリックパウダー 適量

ソース

  • バルサミコ酢  大2
  • 醤油       大3
  • みりん      大1
  • バター      10g

作り方

  1. 250℃(480°F)で予熱をしておく。
  2. ソース用材料をすべてジップロックに入れて混ぜておく。
  3. フライパンに油を引き、塩コショウなどすべてを振りかけた肉の表面だけをさっと焼く。
  4. 玉葱を厚めに切ったものを天板(アルミを敷いておくと後が楽)に敷き、その上にもも肉を置く。
  5. アルミで覆い肉をオーブンに入れ、40分焼く。アルミを外してさらに10分焼く。
  6. オーブンから取り出し、荒熱を取って、ソースの入ったジップロックに肉、肉汁、玉葱すべてを入れる。
  7. 数時間~一晩寝かせる(ある程度冷めたら冷蔵庫へ)
  8. 食べる前に肉を袋から取り出し食べやすい大きさスライスする。玉葱と共に皿に盛る。
  9. ソースはそのままでもいいですが、一度フライパンで熱してからかける。

click for large images

roastbeef5roastbeef6roastbeef7roastbeef8roastbeefroastbeef2roastbeaf4roastbeef3