party

Friend’s Birthday Party  テーマ「コックさん」

Avayda's BD 1先日、花はお友達のお誕生日会に誘われました。ある程度の年齢になると、アメリカの子どもたちのお誕生日会は、テーマが決まっていることがあります。始まりから終わりまで、そのテーマに沿って行われるのです。例えば、男の子だったら、「スターウォーズ」がテーマだったり。招待状のカードに始まり、飾りつけ、紙コップ、紙皿、ケーキと全部がそのキャラクターで揃えられています。ゲームをするにもスターウォーズのコスチュームが用意されていて、レイア姫を助けに行くようなゲームが庭で行われたりするのです。

今回は、仲良しのアヴェイダちゃんのお誕生日会。テーマは「コックさん」でした。どんなことをするのか楽しみに行きました。まずは、クッキングシート、はさみ、ホッチキスを使って、コックさんの帽子を作り始めました。続いて、各自に配られた真っ白なエプロンに、油性のマジックで、オリジナルのエプロンを作り、いよいよお料理。ピザの生地を各自に用意してくださっていて、それにそれぞれの好きなトッピングを乗せていって、オーブンに入れます。ピザが焼けるのを待っている間に、串にチーズやキュウリ、レタス、プチトマトなどの好きな野菜を刺していき、自分のサラダを作ります。それから、既に焼いて冷ましておいてくれたカップケーキに、アイシングや飾りをつけて想像力豊かに自分のためやお持ち帰り用にいくつもカップケーキを作っていきました。みんな最初は戸惑っていたものの、どんどんのめり込んで行って、初めて会う人とも道具を貸し借りしたり、物を渡し合ったりで、自然と会話が生まれ、本当に楽しそう。

このようなあまり型にはまらず、子どもたちが楽しくのびのびと過ごせるお誕生日会は、親御さんの細心の準備と心の広さがあってこそだなあと感謝でいっぱいになりました。家で留守番をしていたドミニクに、花は一生懸命に、お土産のカップケーキを作って、早く帰って、ドミニクに見せたい、話したいという感じでした。ここまでの計画があってのことかととても勉強になりました。

Avayda's BD 2Avayda's BD 3Avayda's BD 4

Sock Hop Party

sock-hop金曜日は、花の学校で放課後にソック・ホップ・パーティというのがありました。3時半から5時まで体育館で音楽をかけて踊りまくるのだそうです。迎えに行ったときに写真を撮ったのですが、皆踊っているのでブレまくってサイト用に使えない・・・だからこの画像使用です。ソックホップというのは、50年代ロックンロールが出始めの頃、高校の体育館で行われていたダンスパーティなのだそうです。プロム(高校の卒業パーティ)とは違ってカジュアルなパーティで体育館の床を傷つけないようにスニーカーや室内シューズ、靴を脱いで靴下で(滑るようなダンスをし易いとも)踊っていたことから、その名前がついています。花の大好きな面白いおばちゃん先生が、「昔、私も参加したけど、みんな靴下で踊るから臭くてねえ」と思い出話をしてくれたそう。確かに迎えに行ったときは、熱気ムンムンで、花も汗だくでした。ロックがかかったわけでもなく、スリラーやマカレナ、ロアー、ファイアーワーク、コールミーメイビーなど一世を風靡した懐かしい曲や最近流行った曲がかかったとのことです。もっと早く迎えに行って踊ればよかった。

Happy Birthday, Hana!

Hana's BD 2014今日は、花、8歳の誕生日。花の嫌いな平日の誕生日・・・。家族でゆっくりお祝いしました。でもプレゼントを手に入れるのはそう甘くはなかった。プレゼントは家中至るところに隠され、ヒントが書かれたハートの紙(同時に算数や漢字のクイズが書かれている。これもクリアしなくてはならない!)を読んで探してやっと自分のものとなります。すべてを探すのに一時間半はかかったな。その後もそのプレゼントで遊びたいばかりの花は、夜更かし~。明日は学校があるので、やっと寝ました。明日の夕方からは雪予報。次の日まで降り続け30cmくらい積もるそう。木曜日、金曜日とまた学校は休みになるだろう。雪のための休校(一月は花の病欠2日も引けば7日間だけの学校でした)が多くて、ティーチャーズデイ(先生が成績をつけるため生徒は休み)が、日数稼ぎのためにキャンセルとなり生徒は通常学校という連絡が先日あったばかり。この調子でもっと休みが増えると、今度は夏休みが短くなるのでは~。

Hana's BD 2014-4Hana's BD 2014-5Hana's BD 2014-3Hana's BD 2014-2

 

カスタードクリームのデザート2種

サンクスギヴィングから(いやハロウィーンから)ニューイヤーまでは、ホームパーティが多い時期。バーンと豪華な手土産を持っていくことができればそれに越したことはないですが、巷で流行っている美味しいものに敏感でないし、贈り物にセンスのない私は結局手作りになってしまいます。でも、たまにはそうやって作るのを楽しめて、美味しかったと言って頂けると嬉しいからやっぱり今後も手作りで行きまーす。食べさせられる皆様は、毒味ですねえ。ごめんなさいねえ!

カスタードクリームプチケーキミルフェ

材料

  •  卵黄  6個
  •  グラニュー糖  120g
  •  小麦粉  50g
  • 牛乳  500cc
  • バニラエッセンス  少々
  • バター  25g (なくてもOK)
  • グランマニエ  少々 (なくてもOK)

作り方

  1.  牛乳を沸騰寸前まで温める。
  2. 卵黄にグラニュー糖を入れよく混ぜる。
  3. 2に振るった小麦粉を二回に分けて入れ混ぜ合わせる。
  4. 3に温めた牛乳をゆっくりと注ぎ、バニラエッセンスも入れ鍋に移して中火で焦げ付かないようにもったりとするまで混ぜていく。
  5. トロトロではなくボトッと落ちるくらいにしっかりとしてきたら火から下ろし、香りとして好みでバターとグランマニエを入れ、すばやく混ぜる。
  6. 熱いうちに裏ごしをして出来上がり。
  7. 泡立てた生クリーム(カスタードとほぼ同じくらい)と混ぜ合わせ、デザートのフィリングとして使う。

・左の写真は、冷凍パイシートを焼き、適当な大きさに切ったものにカスタードと果物を重ねていき挟んだミルフェ。

・右の写真(左のケーキ)は、フィロ生地(一口シェルになって冷凍で売っているもの。焼かずにそのまま使える)にカスタードを絞り入れ、季節のフルーツを乗せたもの。

※フィロ生地はパイ生地の一種。アップルパイに使うパイ生地よりも紙のように薄いのが特徴で、数枚が重なった状態で焼きます。語源もギリシャ語で「葉」や「紙」という意味の言葉。

 

 

 

Cookie Swap

近所のバーバラおばさんの企画、御近所4軒の女性陣だけ(もちろん花も)のクッキースワップ(それぞれが焼いたクッキーを持ち寄って、つまみながらお茶をし、残りを皆で分けて持ち帰るパーティ)にマーガレット叔母さんも一緒に参加してきました。クッキーの他にもキッシュやサンドイッチ、ポテトサラダなど軽食も用意して下さっていて、お腹が一杯になりました。こういうのは伝統の行事なのか聞いたら、初めてという人ばかり。楽しかったから私たちの恒例行事にしましょうよということになりました。

テーブルのクッキーの写真、もう終わりがけで全部を撮れていない・・・。テーブル一杯だったんです!お部屋はバーバラさんの居間。息子さんご夫婦と二世帯住宅に住んでいらっしゃいます。

cookie swap (2) cookie swap 2