kids

Racing School!! Go Kart ゴーカート初体験

go kart Mar.1, 2015 032今週末の二日間は、ドミニクが待ちに待ったゴーカート教室。花のためのキッズゴーカート教室なんだけど・・・。花は、「いやだー!!」と本気で言っていましたが、とうとうその日がやってきました。ダレス空港近くにあり、早朝に出かけるし、動物もいるので、私は、留守番でした。

張り切って出かけた二人は、早く着きすぎて一番乗り。駐車場で待っているとトラックが猛スピードでドライブウェイを上がってきます。ターンしつつ「ザーッ」と横滑りしながら、ピタッ!と駐車。誰かと思いきや、蝶ネクタイをした恰幅のよいおじさまが現れ、オーナーと言うではありませんか。ドミニクも花も、「お~」(惚)という感じで、何だかいいスタート。
Allsports Grand Prix と呼ばれる施設でインドアなので、お天気も寒さも心配ありません。生徒は合計8人という少人数クラス。講義は5分くらいに、実践あるのみ!ガンガン乗せてくれたそう。二日目はガンガンレース三昧。ゴーカートはもちろんドライバースーツやヘルメットなどすべてを貸してくれます。直線でスピードを出す、カーブでドリフティング、ブレーキング、並走などを練習して、最後はレース。途中ピザやクッキーで休憩を挟んで、一日3時間、合計6時間で$300のレッスンでした。花は、一日目、震えるほど緊張していたそうですが、二日目には、楽しめるようになって帰ってきました。
見ているだけのドミニクも飽きることなく楽しめたようです。「いいぞー!」「アクセル踏むのを遠慮するな!」「行けー!」「リラックス!」と花が通る度に叫ぶので、オーナーに「花が気が散るから止めなさい」と注意を受けたほど・・・。終わってみれば写真、ビデオ合わせて200枚も撮っているではありませんか!後でビデオを見せてもらった私でも「もういい加減にせーよー」っていうくらい大声が入っていましてね・・・。
物を作ったり、コンピュータのマインクラフトで遊んだりと家で過ごすことが多くなってよくないなあという思いがあって、この教室に入れてみたのですが、今後また乗りたい!という気持ちになってくれるかなあ。ドミニクは、彼の弟も引きずり込んで、花と共通の趣味になればと本格的にゴーカートレースをしたいようなのだけど・・・。趣味にはならなくても、何事も経験していればいつか役にたってくれるかな。そう願います。

ビデオは、今日のレース。花は、前から二番目(奥先頭)の28番です。

go kart Mar.1, 2015 001go kart Mar.1, 2015 010go kart Mar.1, 2015 015go kart Mar.1, 2015 057go kart Mar.1, 2015 096go kart Mar.1, 2015 098

Spring Pie タンポポの泥ケーキ

spring pie今日は、外で遊ぶ日和でした。昨日(金曜日)の放課後から、花の友達が泊まりに来ていて、今朝は7時前に起きて、朝ごはんも食べず、庭で遊び始めました。やっと朝ごはんに戻ってきたけど、摘む程度でまた外へ。私たちも庭に出ていつものように庭仕事を始めました。子どもたちが呼ぶので行ってみると、なんときれいな!「わー!!きれいな泥ケーキねえ!」って言ったら「泥じゃないよ!スプリング・パイよ!」って呆れた口調で訂正されました。

材料は、土と水、チューリップの花びら、タンポポの花、笹の落葉。 作り方は、ご覧の通りです。

「上出来~」だったのでサイトにアップです。

手作り粘土 Homemade Playdough

play dough 2久しぶりに粘土で遊びたくなった花。粘土を出してみるとどれも硬くなっていて使えない・・・。花がインターネットで手作り粘土のレシピを見つけてきた。全部食品だから安心。べたつかないし、伸びもいい。スターチが乾燥していくので形を作ったら、完全に乾かして(大きさにもよりますが完全に乾かすのに一日~二日かかります)色を付けました。今日は、ぬいぐるみにあげる食べ物を作りました。

材料

  • 片栗粉(コーンスターチ) 1/2 カップ
  • ベーキングソーダ       1 カップ
  • 冷水               1・1/4 カップ (あまり水っぽくなると時間がかかるので、全部入れてしまわずに様子を見ながら入れてください)

作り方:小鍋に材料を入れ中火で火を通していく。マッシュポテトのような状態になったら出来上がり。

play dough 1play dough 3

こびとづかん

kobitozukan3kobitozukan花が大好きで彼女にとって神秘的な存在の「こびとづかん」。昨日、家でおしゃべりをしていたら、居間の隅で物音が・・・。「!!こびと?!私のスーツケースに入って日本からついてきてたのかも!!」。「ママ、お茶入れて。こびとさんにお茶入れて、飲むかどうか試してみよう。私たちが居間にいると出てこないかもしれないから、おもちゃ部屋で遊んでいよう」と。緑茶を小さなカップに入れて、日本のキャラメルもそえて置いておいた。が、一時間経っても二時間経っても飲んでいる形跡はない。「やっぱりアメリカには来ていなかったんだね」とあきらめました。去年夏、日本から帰るときにこびとに一緒にアメリカに来ないかと手紙を書いたら飛行機が怖いから行かないと返事が残されていたんだよね。なかなか本物に会えない花。

ピーナッツバタークッキー peanut butter cookies

peanut butter cookie 027ピーナッツバターのジャーが丸ごと封も切らずに(賞味)期限が切れてる・・・。捨てるのは勿体無い・・・。味見をすると別に変じゃないし・・・。火を通すものに使えば安心かな・・・とピーナッツバタークッキーを作りました。このレシピは1カップのピーナッツバターを使うので、何回か作れば使い切れそう。分量もとてもシンプルで簡単です。バターや砂糖はしっかり入っているけど、チョコレートチップクッキーなどよりもサクッと軽い味と歯ざわりです。手順ごとの写真は、タイトルをクリックすると見ることができます。

材料

  • グラニュー糖  1/2  カップ
  • 三温糖  1/2 カップ
  • バター  1/2 (1バー、113g)
  • 卵  1個
  • ピーナッツバター(クリーミー)  1 カップ
  • バニラエッセンス 小匙 1
  • 塩  小匙 1/2
  • ベーキングソーダ  小匙 1/2
  • 小麦粉  1 1/2 カップ

作り方

  1. オーブンに190℃(375F)の余熱を入れる。
  2. 二種類の砂糖とバターをクリーム状になるまでよく混ぜる。
  3. 2に卵、ピーナッツバター、バニラエッセンスを加えてよく混ぜる。
  4. 3に塩、ベーキングソーダ、小麦粉(振るっておくか振るいながら)を入れ、よく混ぜる。
  5. 天板にこんもり小匙一杯分を丸めて置いていく。
  6. フォークで交差するように適当な薄さになるまで押し付けながら模様を付け、クッキーの形にする。
  7. 予熱しておいたオーブンで、10分~13分(クッキーの淵が少しこんがりしたくらい。急に焦げてくるので気をつけて)焼く。

※ 取り出した後少し冷ませば崩れることなく天板からきれいに取れます。                                                                                      ※ 残った生地は冷蔵又は冷凍保存すれば何度か楽しめます。