homemade

Homemade Pizza with Bread Maker

Pizza今までピザを食べるときは、殆どがスーパーの冷凍ピザを焼くかピザ屋さんのオーダーなどでした。そして食べる度に「前よりチーズが少なくない?」とか「ペペロニが減ってない?」とか、せっかくカロリーオーバーを覚悟してこってりのピザを食べる気満々なのに、なんだかパン食べてるみたい・・・って思うようになっていました。

スーパーや注文ピザを買わずに美味しいピザが食べたい!!

じゃあ、ブレッドメーカー!!それぞれが好きなトッピングを乗せて焼ける、生地の厚さが調節できる、Stuffed Crust(ピザシートの端にモッツアレラチーズを包み込み、嫌う人の多いピザの端まで、チーズたっぷりで食べられる)も作ることもできる、はずよ!生地材料を入れて、ピザボタンをON。45分と表示されました。45分後、少し寝かせて、いよいよピザの形へ。

花は、チーズだけ、ドミニクはStuffed Crustでペペロニ、私は、玉葱や肉、オリーブがごっそり乗っているのが好みなので、皆が違うピザを好きなサイズで同時に食べられるのは最高です。ドミニクは、食材を触るのが嫌いなので、彼はやってみようとも思っていませんが、花や彼女の友達、私などは、作る過程も楽しく遊んでいる気分です。

ブレッドメーカーに付いてきた本のレシピで作るのですが、生地の表面はパリサク!中はふんわりで、味も香りも良いです。生地の伸ばし方の要領がつかめませんが、写真は、スタッフドクラストで、チーズ、トマトソース、玉葱、イタリアンソーセージ、バジルで作ってみました。生地練りたて、たっぷりフレッシュトッピング、焼きたて、やっぱりこれに勝るものは無いようです。

自家製ドライハーブ Sweet Basil

basil庭の野菜やハーブが急に大きくなってきています。ハーブは一度に大量に使うものではないので、去年までは沢山採れたときにペーストにしたりしていましたが、今年はディハイドレーターがあります!バジルの葉が大きく硬くなりすぎないうちに少しずつ収穫してはこのディハイドレーターに入れて、完全に乾燥させています。急速に乾かすので、長く天日干しにするよりも香りが強く残り嬉しいです。コーヒーメーカーや炊飯器、フードプロセッサーと台所の便利器具は場所を取るので買うのに躊躇しますが、これは買ってよかったと思います。お勧めです。そんな中、現在私一人断固反対しているのは、アイスクリームメーカー。ドミニクが大変欲しがります。花もドミニクの見方です。準備、後処理大変そう、アイスクリームを買ったほうが安くて、美味しい、早いでしょうというのが私の考え。パン焼器機は、良さそうですけどね~置く場所がないのよー!

basil 3basil 2

手作りバター Homemade Butter

butter 4この三連休は、花が好きなオートミールクラッカーを作ることになっていたのに、バターを買うのを忘れた。「ごめん!バターがない・・・」と言うと、「家で作れるよ。保育園で作ったことがある。でも材料をよく覚えてない」と。「じゃあ、インターネットで調べてみてくれる?」。ユーチューブで探してくれて、見てみると超簡単ではないですか!ラッキーなことに生クリームはあった。生クリームをシェイクし易いボトルに入れて、7分から10分くらい振りまくる。5分くらいでふわふわ生クリームができて、そのうちにコトコトという塊の音とチャポチャポという水分の音がし始める。コトコトいっているのがバターで、チャポチャポいっているのが脱脂乳。網に布巾かキッチンペーパーを敷いて漉したらバターの完成。やさしい舌ざわりと風味のバターができました。この状態では無塩なので、ちょっと塩を足して有塩バターです。昔、生クリームを作るときに混ぜすぎて分離し、もう使えないって捨てた経験があるけど、こうすればちゃんと使えたんだ。※なるべく小ぶりな容器に容器の3分の1くらいまで生クリームを入れて作る方が振りやすいです。あまり大きい容器だと重くて疲れ、生クリームも沢山入れるとふわふわ生クリームになってからが容器がいっぱいになりシェイクできません。

butter 3butter 2butter 5

海苔の佃煮 Seasoned Pasted Seaweed か?

今日は、花が熱を出して学校を休みました。昨日の朝、「休みた~い。気分がよくない・・・」とヘロヘロ言っていたのですが、月曜日は皆そんなものだろうと思い「学校に行って皆に会えば元気になるから、行ってきなさーい!」と送り出したのでした。保健室にも行き「風邪引いたんでしょう。でも熱はないから。」と教室に戻され、一応放課後まで頑張りました。そしたら夜、38度5分も熱があるではありませんか!明日は確実に休もうねと言って、市販の薬を飲んで寝ました。今朝起きてみると37度5分。気分は随分良さそう。でも食べたい物はおかゆ。おかゆには梅干です!でも、無い・・・。何か塩気のあるものをと思い、海苔の佃煮を作ってみました。前に海苔が余ったら海苔の佃煮を作ったら消費できるというのを聞いたことがありました。小鍋に海苔10枚くらいをちょっとの水で崩して、醤油、みりん、砂糖で煮詰めていきました。どうやったら小さい頃に大好きだった「ごはんですよ」みたいになるかなあと醤油を足し足し作りました。市販の味にはなりませんでしたが、花のおかゆが進む味にはなりました。次は鰹節かホンだしをちょっと入れてみようかなあ。そしてもっと濃い味にしてみます。花は一日家に居て、現在はいつも通りの感じです。明日は学校(花が逃したくないイベントがある)に行けるといいね。追記:花は今日学校に元気に行きました。今日もおやつにご飯と佃煮が食べたいというので、一緒に改めて作りました。今度はホンだしをちょっと入れたら、グーンと美味しくなりました。

Homemade Beef Jerky 手作りビーフジャーキー

beef jerky前から気になっていたディハイドレーター。ドミニクの同僚がこの機械でとても美味しいビーフジャーキーを作ると聞いて決心しました。私が夏にハーブを数日間天日干しして保存していたのが、この機械があれば10分でできるのだそう!肉、野菜、ハーブ、果物、なんでも乾燥させて保存できるというから楽しみです。第一回目は、ビーフジャーキー。薄切り肉(脂の少ない部位)を買ってきて、今回は和風に、玉葱と大蒜を摩り下ろし、お醤油、みりん、砂糖に一晩漬け込んでハイドレーターに置いていくだけ!素朴な食べやすい美味しい無添加ビーフジャーキーが約4時間(肉の厚さによって時間は変わってきますが、曲げてみて硬く曲がるけど、ポキッと折れない程度まで乾燥させていきます)で完成です。肉の厚さを調節したい場合は、肉の塊を少し凍った状態で、好きな薄さに切ると切りやすいようです。ドミニクは、次はウスターソースやホットチリペッパーをもっと使って作るといいと言っています。今後色々な味付け、スパイスでもっとビーフジャーキーを作るぞ!

beef jerky 4beef jerky 2beef jerky 3