homemade

Homemade Pizza – woodstove –

居間の薪ストーブを新しくしたので、古いのを庭に置いて、ピザオーブンとして使ってみました。レストランや宅配のピザでは味わえない風味と味。最高に美味しい!

あんぱん - Sweetened Red Bean Buns –

An-panパン焼機に付いてきたレシピのディナーロールをパン生地に使って、あんぱんを作ってみました。羊羹好きな花はもちろん、餡子の美味しさを理解できない夫ドミニクも気に入って、高評でした。

先日、お友達の家に遊びに行ったときに、彼女が色々試して、これだと思う生地で作ったというあんぱんが、とても美味しかったのです。それ以来あんぱんがずーっと頭から離れなくて・・・。彼女のレシピを次回会った時に聞こうと思いながら、なかなか会えないままでいるので、今回は、取り急ぎ簡単に出来そうなディナーロール生地で作ってみたのです。ちゃんとあんぱんになることが分かったので、Dinner Rollこれからアジアンマーケットで餡子を買う度に、作ろうと思います。パン(炭水化物)に甘い餡子(砂糖たっぷり)、太りすぎに要注意だけど!!餡子が足りなかった分は、レシピ通りにディナーロールにしました。とは言っても、生地材料を全部機械に入れて、普通の生地機能を使うと2-3時間かかるので、ピザ生地機能で生地(45分)を作って、ベンチタイム等も適当にしたのに、美味しかった。本物を目指す人には、許せない行為だろうな・・・。でも、これでクリームパンやチョコパン、カレーパンなんかも作ってみたいな。

材料

  • ブレッドフラワー  カップ 3・1/4
  • 砂糖         カップ 1/4
  • 塩           小匙 1・1/2
  • ドライミルク     大匙 3
  • バター        大匙 3
  • 水           カップ 1
  • ドライイースト    小匙 1・1/2
  • 餡子         適量

作り方

  1. 材料をパン焼機に入れ、生地を作る。倍の大きさになるまで、パン焼機の中に置いておく。(餡子以外の材料をボールに入れて、艶が出てくるまで、手で根気良く混ぜるてもできると思います。)
  2. 生地を取り出して、12個ー15個分くらいの大きさに均等に切り分けて丸めて寝かせる。20分くらい。
  3. 膨らんだ生地を一度潰して、餡子を包める程度に平たく伸ばし、餡子を包み込み、生地の端と端を摘みながら閉じていく。閉じた部分を下にして天板に置いていく。
  4. サランラップか固く絞ったふきんでカバーして、50分くらい寝かせる。
  5. 350F(180℃)で15分くらい様子を見ながら焼く。

※お好みで、艶出し用に溶いた卵を焼く前のあんぱんにブラシで塗り、ゴマや桜の花の塩漬けをトッピングしても。

 

Homemade Mochi ブレッドメーカーで餅作り

mochi 1友人にブレッドメーカーでお餅が作れると聞いて、近いうちにやってみたいと思い続けて、三連休の今日、作ってみました。日本では、ブレッドメーカーに餅つき機能が付いたものが売っているようだったから、そういう機能付きじゃないと出来ないと思っていました。でもその友人曰く、アメリカ製のブレッドメーカーで、アメリカに駐在している日本人主婦さんたちは、アジアンマーケットでしか手に入らない、割高の、しかも郵送となると重さがあり、日本から送ってもらうのは気が引けるこのお餅を家で頑張って作っているのだと。見習わなくては。

簡単と聞いていた通り、かなり簡単に、スムーズなきれいなお餅ができました!お店で売っているお餅に慣れているので、つき立てってこんな感じ?もっと何か違う風なのかなとかもとも思いましたが、しっかり引きのある、美味しいお餅ができました。かなり濡らした手で、ぱぱっと丸めて、引っ付かないように片栗粉とかにまぶすのだっけ?mochi 2もっと水を減らして餅自体を固めに仕上げるべきか、そこをもうちょっと検索しなくては。インターネットのレシピ(クックパッド)の人は、ジップロックの袋に入れて、空気を抜いて、平たくして、好きな分だけ使えるように、冷凍保存もできると書いていました。とは言え、とにかくひっつくひっつく・・・。

  1. 三合の餅米を洗って、水に1~2時間浸しておく。
  2. ザルに上げ、炊飯器に入れ、220ccの水で炊く。
  3. 炊き立てをブレッドメーカに投入し、pizza(dough)で20分くらい練れば出来上がり。

※つき時間は、様子を見ながら。私は、用事をしていて、30分練ってしまいました。全く粒の残っていないスムーズなお餅が出来ていました。

 

Ice Cream Maker とうとうアイスクリームメーカー

ice cream maker「買っても置くところもなければ、誰が作る?私は、しません。面倒臭そうです。」とかなり本気に言い張ってから一年。ドミニク曰く、あまりの私のその反応にショックで、暫く考えたくなくなっていたらしいが、夏がやって来たら再びアイスクリームメーカーへの思いが復活。あれよあれよという間に、インターネット購入。配達されてきました。

いっや~どこに置くよ・・・と思いながら開けてみると、意外とシンプルな構造で、5合炊き炊飯器がちょっと縦に高くなったくらいの大きさです。「いいやん」「格好いいやん」すぐに色や形で惚れてしまう。「でも、作ってね」。

まずは、チョコレートしか食べないドミニクとバニラしか食べない花でかなり争っています。「ママ!どっち?ママ!」とたまに私に来ます。「私、どっちも好きだから、ほんとどっちでもいい。譲り合って決めて」としか言えません。普通親が引いて、子どもの食べたいものを作るのではないかと思うのですが、ドミニク、絶対に引きません。本気で譲りません。次回は絶対バニラということで、お初はチョコレートとなりました。

夕食を食べ始める前に、材料をボールに全部入れて、混ぜ合わせ、しっかり冷やして固まったフローズンインナーを機械にセットして、そこにボールの材料ををすべて流し込んで、ONするだけ。25分でアイスクリームが完成します。出来立ては、ソフトクリーム、ジェラートのような感じで、それをすぐに容器に入れて、冷凍すれば、数時間後アイスクリームの完成です。出来立てを食べるなら食後のデザートに間に合うのです!

変な引きがなく、さっぱりとした、シンプルで懐かしい味のするアイスクリームが出来ます。ホームランバーとか雪印だったっけ?紙のカップに入ったバニラアイスの味です。だって材料なんて、牛乳、砂糖、生クリーム、バニラエッセンス、それだけです。チョコレートだったら、これにココアパウダーとブラウンシュガーが足されるだけです。でもね、本当は、お店で買うほうが安い・・・。でも、このシンプル材料の良さには、勝てません。他にも20種類くらいのアイスクリームのレシピが載っています。作るのが楽しみです。楽しみになっている私・・・。チョコ、バニラの次は、抹茶アイスクリームと花は言っています。ドミニクは、絶対にチョコだけです。私は、なんでもOKよ~。

ice cream maker 4ice cream maker 2ice cream maker 5

Bagels with Bread Maker ベーグルを作ってみた

bagel今週初めに降った雪がまだ残る上に、今日は-5F(-20℃)という寒さの中、花は、二時間遅れスタートの学校へ行きました。道路には雪と氷がしっかりと覆いかぶさり、私は何処にも行くことができません。なので、花が帰ってきたときに、前から作ってみたかったベーグルを一緒に焼いてみようかと午後から準備をしました。もちろん生地はホームベーカリーを使ってみます。

Youtubeやインターネットで適当に作り方やレシピ(ホームベーカリー使用のレシピは無かった・・・)を見て、それぞれの共通点を見つけて、材料、分量、作り方を書き留めましたが、初めてのこと、想像するのが難しかったので、とりあえず今回は、失敗覚悟で作り始めることにしました。流れは、

下準備の発酵を終えて、残りのブレッドフラワーを足してから、ホームベーカリーのピザ生地機能をON。

生地が出来た後、二倍に膨らむまで休ませ、ベーグルの形にしていきます。

ベーグルを茹でた後、好みのトッピング(今回は、けしの実とゴマ)を付け、400度で20分ほど焼いて出来上がり。

どれどれ・・・見かけは、ちゃんとベーグルみたい。歯応えは、外は引きのあるカリカリ、中はもっちり。味は、お店のと比べるともっとパンっぽい味でした。今回殆どのレシピに入っていたモルトシロップというのが家に無く、使わなかったので、そのせいかな。食べる前にトーストして、クリームチーズをたっぷりつけて食べると、美味しかったです。ベーグル好きな花もドミニクも気に入っていたので、良かったのですが、もうちょっと研究して、ちゃんとしたレシピで慣れたものを作れるようになりたいというのが、今後の目標。レシピアップは、そこまで出来たときにしようと思います。今回は写真のみ、日記兼反省会として。※次の日、改めて食べてみると、一層歯応えのある、よりベーグルらしい香りのベーグルとなっていました。花は朝ごはんに、ランチに、おやつにと三回も食べました。かなり気に入っています。適当レシピで作ったので、再度きちんとやってみます。

bagel 3bagel 5bagel 6bagel 7bagel 8bagel 9bagel 11bagel 12