chick

Silkies モヒカンヘッドの鶏 「シルキー」

silkiesやっと二羽のシルキーが我が家にやってきました。農場に住む友人が20羽購入したので、その内の二羽をそちらから買い取りました。

「やっと」というのは、このシルキーという種類、とてもデリケートなのだそうで、彼らの長年の経験上、特に雛のときは生き残り難いから、沢山の中で一緒に固まって寝たりしながらある程度の大きさになるまで育ててから引き取ったほうがいいよとアドバイしてくれました。ホワホワの雛から育てたかった花を説得して、待つこと二ヶ月、ついにやってきました!

ちょっと大きくなっているけど、やっぱりまだ可愛い。そして他のよくいる鶏の雛と違って、おっとりした動きをします。床に放してもあまり好き勝手に歩きまわらず、よちよち歩く感じで、すぐに花に懐いて、姿が見えなくなると、激しく鳴き出します。こんなに懐かれるとたまらんでしょうなあ。

tumblr_mit3p4tZF41rmnqd2o1_500見掛けも随分普通の鶏と違います。モヒカンヘッドで毛むくじゃらで、足の指先まで毛が生えています。小ぶりな鶏なので、卵も小さめということです。性格もおっとりしていて、ペットとして家の中で飼いたくなるくらいの落ち着きです。もう少ししたら他の鶏たちと一緒になるけど、大丈夫かなあ。いじめられないかなあとちょっと心配なくらいです。右上の写真は、私たちのシルキーですが、左下のはイメージとして。色が違うのがいますが、大人になってからの姿はこんな感じです。楽しみです。