bread maker

Homemade Mochi ブレッドメーカーで餅作り

mochi 1友人にブレッドメーカーでお餅が作れると聞いて、近いうちにやってみたいと思い続けて、三連休の今日、作ってみました。日本では、ブレッドメーカーに餅つき機能が付いたものが売っているようだったから、そういう機能付きじゃないと出来ないと思っていました。でもその友人曰く、アメリカ製のブレッドメーカーで、アメリカに駐在している日本人主婦さんたちは、アジアンマーケットでしか手に入らない、割高の、しかも郵送となると重さがあり、日本から送ってもらうのは気が引けるこのお餅を家で頑張って作っているのだと。見習わなくては。

簡単と聞いていた通り、かなり簡単に、スムーズなきれいなお餅ができました!お店で売っているお餅に慣れているので、つき立てってこんな感じ?もっと何か違う風なのかなとかもとも思いましたが、しっかり引きのある、美味しいお餅ができました。かなり濡らした手で、ぱぱっと丸めて、引っ付かないように片栗粉とかにまぶすのだっけ?mochi 2もっと水を減らして餅自体を固めに仕上げるべきか、そこをもうちょっと検索しなくては。インターネットのレシピ(クックパッド)の人は、ジップロックの袋に入れて、空気を抜いて、平たくして、好きな分だけ使えるように、冷凍保存もできると書いていました。とは言え、とにかくひっつくひっつく・・・。

  1. 三合の餅米を洗って、水に1~2時間浸しておく。
  2. ザルに上げ、炊飯器に入れ、220ccの水で炊く。
  3. 炊き立てをブレッドメーカに投入し、pizza(dough)で20分くらい練れば出来上がり。

※つき時間は、様子を見ながら。私は、用事をしていて、30分練ってしまいました。全く粒の残っていないスムーズなお餅が出来ていました。

 

Bagels with Bread Maker ベーグルを作ってみた

bagel今週初めに降った雪がまだ残る上に、今日は-5F(-20℃)という寒さの中、花は、二時間遅れスタートの学校へ行きました。道路には雪と氷がしっかりと覆いかぶさり、私は何処にも行くことができません。なので、花が帰ってきたときに、前から作ってみたかったベーグルを一緒に焼いてみようかと午後から準備をしました。もちろん生地はホームベーカリーを使ってみます。

Youtubeやインターネットで適当に作り方やレシピ(ホームベーカリー使用のレシピは無かった・・・)を見て、それぞれの共通点を見つけて、材料、分量、作り方を書き留めましたが、初めてのこと、想像するのが難しかったので、とりあえず今回は、失敗覚悟で作り始めることにしました。流れは、

下準備の発酵を終えて、残りのブレッドフラワーを足してから、ホームベーカリーのピザ生地機能をON。

生地が出来た後、二倍に膨らむまで休ませ、ベーグルの形にしていきます。

ベーグルを茹でた後、好みのトッピング(今回は、けしの実とゴマ)を付け、400度で20分ほど焼いて出来上がり。

どれどれ・・・見かけは、ちゃんとベーグルみたい。歯応えは、外は引きのあるカリカリ、中はもっちり。味は、お店のと比べるともっとパンっぽい味でした。今回殆どのレシピに入っていたモルトシロップというのが家に無く、使わなかったので、そのせいかな。食べる前にトーストして、クリームチーズをたっぷりつけて食べると、美味しかったです。ベーグル好きな花もドミニクも気に入っていたので、良かったのですが、もうちょっと研究して、ちゃんとしたレシピで慣れたものを作れるようになりたいというのが、今後の目標。レシピアップは、そこまで出来たときにしようと思います。今回は写真のみ、日記兼反省会として。※次の日、改めて食べてみると、一層歯応えのある、よりベーグルらしい香りのベーグルとなっていました。花は朝ごはんに、ランチに、おやつにと三回も食べました。かなり気に入っています。適当レシピで作ったので、再度きちんとやってみます。

bagel 3bagel 5bagel 6bagel 7bagel 8bagel 9bagel 11bagel 12

 

 

Homemade Pizza with Bread Maker

Pizza今までピザを食べるときは、殆どがスーパーの冷凍ピザを焼くかピザ屋さんのオーダーなどでした。そして食べる度に「前よりチーズが少なくない?」とか「ペペロニが減ってない?」とか、せっかくカロリーオーバーを覚悟してこってりのピザを食べる気満々なのに、なんだかパン食べてるみたい・・・って思うようになっていました。

スーパーや注文ピザを買わずに美味しいピザが食べたい!!

じゃあ、ブレッドメーカー!!それぞれが好きなトッピングを乗せて焼ける、生地の厚さが調節できる、Stuffed Crust(ピザシートの端にモッツアレラチーズを包み込み、嫌う人の多いピザの端まで、チーズたっぷりで食べられる)も作ることもできる、はずよ!生地材料を入れて、ピザボタンをON。45分と表示されました。45分後、少し寝かせて、いよいよピザの形へ。

花は、チーズだけ、ドミニクはStuffed Crustでペペロニ、私は、玉葱や肉、オリーブがごっそり乗っているのが好みなので、皆が違うピザを好きなサイズで同時に食べられるのは最高です。ドミニクは、食材を触るのが嫌いなので、彼はやってみようとも思っていませんが、花や彼女の友達、私などは、作る過程も楽しく遊んでいる気分です。

ブレッドメーカーに付いてきた本のレシピで作るのですが、生地の表面はパリサク!中はふんわりで、味も香りも良いです。生地の伸ばし方の要領がつかめませんが、写真は、スタッフドクラストで、チーズ、トマトソース、玉葱、イタリアンソーセージ、バジルで作ってみました。生地練りたて、たっぷりフレッシュトッピング、焼きたて、やっぱりこれに勝るものは無いようです。

Cinnamon Roll with Bread Maker シナモン・ロール2 パン焼き機編

Cinnamon Roll 7これまでシナモンロールは、手で捏ねて寝かせてと一から手作りしていました。だから面倒であまり作ることはありませんでした。でもパン焼き機が来たので、シナモンロールの生地を機械で作れば、捏ねずに簡単に出来るから、食べる機会ももっと増えるだろうと試してみました。

パン焼き機の説明書には、クロワッサンやディナーロール、ピザなどの生地レシピは載っていますが、シナモン・ロールは載っていない・・・。ディナーロールの生地を使えば出来るのかなあと思いましたが、一から作る分の材料、分量をパン焼き機の釜に入れてみました。生地を選択して、スタートボタンをON!45分で出来ると表示されました。ドキドキ・・・全部無駄にしてしまうかも・・・でも、ちゃんとできれば嬉しいし。

45分後。ピー!ピー!ピー!出来たようです。開けてみるとパン生地を捏ねてすぐのような生地が出来ていました。これを釜に入れたまま20分くらい二倍に膨らむまで置きました。取り出して、触ってみると、自分で作るときよりも、柔らか~くて、引っ付かず、均等に膨らんだしっかりとした生地。完璧!と思いました。これはいいかも~!

でもまだ喜ぶのは早い!出来上がるまでは!と、伸ばして、ロールして、切って、並べて、ちょっとまた寝かせて、いざオーブンへ!結果、自分で作るときのより、早くきれいに中までふんわり焼けました!これは使える!これから頻繁に気楽にシナモン・ロールが楽しめそうです。タイトルをクリックで手順を写真で。

DOUGH

  1. Put 3 and 1/4 cup of flour, 1/4 cup of white sugar, 1/2 tsp of salt, 1/4 cup of butter or margarine, 3/4 cup of milk, 1/4 cup of water, 1 egg into the inner of the bread maker.
  2. Put one package or 7g of yeast into the yeast dispenser.
  3. Select pizza which is dough, and start.
  4. When it is done, stop the bread maker, leave it about 20 minutes till the size is doubled.
  5. Take out the dough on the cutting board (use some flour for the surface), Roll out dough in to 12*9 inch rectangle, spread cinnamon paste and roll up dough.
  6. Cut and place them in the baking pan and let rise until doubled about 30 minutes.
  7. Preheat oven to 375 F/190 C, bake for 15 minutes or until brown.
  8. Serve warm with glaze.

CINNAMON PASTE

Mix 1cup of brown sugar(packed), 1 tbs of ground cinnamon, 1/2 cup of butter or margarine(softened) to make paste.  Add crushed walnut or raisins if you like.

GLAZE

Mix 1 and 1/4 cup of powdered sugar(sifted), 1ts of light corn syrup, 1/2 ts vanilla extract and 2ts of milk/cream(half &half)

Bread Maker, Panasonic SD-YD250 パン焼き機

bread maker 5突然、我が家にブレッドメーカーが来ました!前夜にドミニクが「ブレッドメーカー、あるといいよね」って言ったから、「そりゃああったらいいだろうけど、置く場所がないからね~、まあ急がなくていいんじゃない。」って前と変わらぬ返事をしておいた。そしたら次の日、郵便屋さんが来て、「パンとか何か焼く(いた)の~?」って言う(言ったと思った)から、私はてっきりさっき焼いたばかりのカステラもどきの匂いがまだして聞いているのかと思って「ちょっと前にパウンドケーキっぽいの焼きましたけど・・・」って言ったら、荷物を取り出しながら「これ、これ、これのことを聞いたのよ」って渡されたのがブレッドメーカー!そういえば、ドミニク、私にアイスクリームメーカーを買おうと言えば却下。パン焼き機もいいねと言えば、じらされ・・・で強行突破を決めたんですね。

早速、次の日の朝用にフランスパンが焼けるようにセットしました。タイマーを朝8時にセット。6時間かかる(一度練って、再び焼くまでに暫く休む)ようで、夜中の2時からガタゴトガタゴト・・・カランカラン・・・ウォンウォンウォンとこの小さな家・・・家中に響き渡り始め、さすがにカランカランの音には、ちゃんと釜をセットできていなかったのではと起きて確認。正直寝不足になりました。でも、朝自然と目が覚めたときには、ほんわかパンの匂いが漂っていて、幸せ~なひと時でした。

中はしっとり、外はパリッパリ!味も歯ざわりも最高です。お店で買う沢山の見たこともない材料も入って焼かれたパンに慣れているせいか、最初の2・3口はあまりにシンプルな味に物足りなさを感じたというのも事実ですが、余計な物が入っていない自然の味、食感、失敗なしで焼き上げ、焼き立てを食べられるのは最高です。ちなみにこのブレッドメーカーでは普通の食パンが7つの材料でできるのに、お店の食パンには、35種類以上の材料が入っていました!

物の多いキッチンは、只今一層ごちゃごちゃ。炊飯器の前にブレッドメーカーがあり、使う度に入れ替えなければいけないという状況ですが、それが苦にならないほどブレッドメーカーを気に入りました。日本でも同じ機種があるのか調べると、米国仕様なのだそう。でも、日本の最新物は、パスタ麺とかうどん麺とかも出来るのですね。羨ましいな。

bread maker 9bread maker 10bread maker 12P1150069