bear

Bear in Our Yard  熊出没 !!

baby-black-bear-jack-nevitt久し振り(6年ぶり?)に熊が現れました。朝、犬3匹が激しく吠えるので、どうせ人に吠えているのだろうと止めに行ったら、なんと熊ではありませんか!最初は、吠える犬たちに「ノー!ノーッ!」と言っていた私も熊と分かった瞬間「ゴー!ゴー!」に言葉が変わり、犬たちに追い払ってもらいました。

でも黒熊、可愛い!くまもんみたい!ビデオをアップしています。監視カメラに写っていました。8分くらいのビデオですが最初の一分だけにすべてが入っています。小熊です。遠く小さいので見えにくいかもしれませんが、家の庭の前方、右側から現れます。ポーチにいた犬アズキに気付き、トコトッコトーコートーコートーっと走り始め、左のドライブウェイ近くの木にガガガーと登ります。アズキがしっぽをフリフリ木の下で待っていますが、ちょうどそのとき私の声が聞こえたのでしょう、反対側に歩き始めた隙に木から降りて、トコトコトコー!と行ってしまいました(ビデオでは今度は熊がアズキを追いかけているようにも見えますね)。熊が現れるというのは、やはりアイスストームの年という共通点があるかも。

写真はイメージです。このくらいの大きさだったかなと。そしてこんな心境ではなかったかなと。

Virginia State Symbols

cardinal 001庭に出ると、軽く短く続く可愛らしい鳥の声が。目をやると、カーディナル(スズメ目ショウジョウコウカンチョウ)がいました。地味な色ばかりの冬、葉のない木々の間に、また雪など降っていればこの赤い鳥は尚更際立ちます。カーディナルは、州鳥でもあります。ちなみに州花はアメリカハナミズキ。日本の実家の玄関には、娘花の誕生記念樹として植えてあります。調べてみると州魚、州虫、州動物、州旗と色々あります。私の出身地「大分」の県花は、豊後梅。県鳥は、メジロ。県旗(真心を表す赤で「大分」の「大」を円形に3つ繋ぎ円を形作るデザインにより「円満」「平和」「平等」を表す)、県章(漢字の「大」を円形に図案化したもの)は、どちらも大分の「大」をシンボル化したデザインになっています。

 

以下は、アメリカ・ヴァージニア州の象徴とされているのもです。大分県だったらなんだろうなあ。県動物:サル、県犬:柴、県虫:蚊、県魚:ハモ という感じかなあ。よく見るとこのヴァージニアの州旗、いつも遠めに見てきてたけど、人を踏みつけてる・・・。意味があるとは言え日本じゃありえないよね!?写真:タイトルをクリック。