basil

自家製ドライハーブ Sweet Basil

basil庭の野菜やハーブが急に大きくなってきています。ハーブは一度に大量に使うものではないので、去年までは沢山採れたときにペーストにしたりしていましたが、今年はディハイドレーターがあります!バジルの葉が大きく硬くなりすぎないうちに少しずつ収穫してはこのディハイドレーターに入れて、完全に乾燥させています。急速に乾かすので、長く天日干しにするよりも香りが強く残り嬉しいです。コーヒーメーカーや炊飯器、フードプロセッサーと台所の便利器具は場所を取るので買うのに躊躇しますが、これは買ってよかったと思います。お勧めです。そんな中、現在私一人断固反対しているのは、アイスクリームメーカー。ドミニクが大変欲しがります。花もドミニクの見方です。準備、後処理大変そう、アイスクリームを買ったほうが安くて、美味しい、早いでしょうというのが私の考え。パン焼器機は、良さそうですけどね~置く場所がないのよー!

basil 3basil 2

大きなきのこ  portabella mushroom

portabella今日はベジタリアンっぽくベーグルほどの大きさのあるポータベラ・マッシュルーム(直径10cm~13cm)を使ってメインを作りました。きのこをきれいに拭いて、マヨネーズ、味噌、葱、青紫蘇ペーストを混ぜたものをきのこの器に乗せ、ちょっと七味を振って、トースターで20分くらい焼きました。焼いていると青紫蘇と葱とマヨネースの焦げる匂いがしてきて洋風居酒屋にいるみたいに(一杯飲みたくなった)食欲をそそられました~。青紫蘇ペーストは、夏に沢山採れたれた青紫蘇を塩たっぷり目にミキサーでペーストにして冷凍していたものを使いました。この青紫蘇ペーストはお勧めです。マヨネーズに混ぜるだけで、茹で野菜や生野菜のディップになるし、トマトパスタにちょっと入れると、和風なパスタになってとっても美味し~。

portabella2portabella3portabella4portabella5

紫キャベツの即席漬け-PONZU FLAVOR-

先日、アメリカに住むお料理上手の日本の友人に「バルサミコ酢とお醤油を混ぜるとポン酢の味になるのよ!」と言って味見させてもらったら、ほんっとにポン酢!ポン酢より酷のある感じで美味しいかったのです。最近やっと大きなスーパーで「PONZU」って見かけることもありますが、もう買わなくてもこれで代用できるなあと思いました。今日の夕飯はチキンのクリームソース煮だったので、あっさりしたお野菜を添えたいとこのポン酢で即席漬けを作ってみました。

材料

  • 紫キャベツ  6枚
  • 茄子     一本
  • 塩       大匙1
  • 茗荷      2個
  • 青紫蘇     5枚
  • バルサミコ酢 25cc ※バルサミコ酢と醤油は1:1から始めて(塩もみをしたときの塩分も残っていますので)お好みで調節してみて下さい。
  • 醤油      25cc

※鰹節を最後にかけてもいいかなと思いました。

作り方

  1. 紫キャベツを千切りにし、茄子を薄くスライスして塩もみして、水分が出てくるまで20分くらい置く。
  2. 茗荷をスライスして、青紫蘇を千切りにする。
  3. 1の塩もみしたものを絞り、水気をある程度取り除く。
  4. 2と3をボールに入れ、バルサミコ酢と醤油を合わせたものをかけ、全体に馴染むように混ぜて器に盛る。

 

redcabbage2redcabbage

 

 

 

青紫蘇のしょうゆ漬け

沢山取れ過ぎて困る青紫蘇。

shisomaki2水でしっかり洗って、キッチンタオルで水気を取った後、容器に入れ、お醤油をかけて冷蔵庫で保存しています。

炊き立てご飯を巻いて食べるだけでも美味しいですが、野菜やハム、オイルサーディーンなどを巻けばつまみやすい前菜になります。

これまで巻いてみたものは、

  • 板刷りしたキュウリとハム
  • 薄くスライスした大蒜とオイルサーディーン
  • 千切りにして軽く塩もみした大根と梅肉
  • 炊きたて白ご飯