Tag: american

Strawberry Shortcake

アメリカのストロベリーショートケーキというと、こういうのなんだあ。私の担当している小学生が読んでいた絵本に載っていたレシピで作ってみました。日本のストロベリーショートケーキというとふわふわのやわらかーいしっとりしたスポンジケーキを生クリームで包み、切ったときにはスポンジの間の薄くスライスされたイチゴと、真っ白な表面にぷよっと盛られた生クリームのベッドにイチゴがごんと乗ったイメージ。でもアメリカ版は、スコーンのような又はケンタッキーでチキンについてくるビスケットのような甘くなくてちょっとごわごわとしたものがスポンジ。同じく二枚にスライスし、生クリームと大雑把にスライスしたイチゴを大胆に重ねて仕上げるのをストロベリーショートケーキというらしい。これが意外や美味しくて、花を始め皆がとっても気に入り簡単に出来るから、三週間程、平日週末構わず作り続けました。イチゴが美味しい季節にどうぞ。 材料 小麦粉 (all purpose flour)  2  カップ 砂糖  大匙 2 ベーキングパウダー 大匙 1 塩 小匙 1/2 バター 1/2  カップ (室温で柔らかくしておく。) 卵 1個 牛乳 2/3  カップ 生クリーム 1 カップ + 砂糖(砂糖を甘めに加えて泡立てる。) イチゴ 適量 好きなだけ 作り方 オーブン 450F(230℃) 小麦粉を篩いにかける。ベーキングパウダー、塩、砂糖の粉系材料を合わせて、もう一度篩いにかける。 バターを入れ、手でぽろぽろの状態になるまで混ぜる。 卵と牛乳を入れ、少しず全体が均等にしっとりするまで、やさしく合わせていく。 バターを塗った、又はベーキングシートを敷いた焼き型に入れ(3~3.5センチくらいの高さになります)、端が少し高くなるように整え、15分から18分焼く。 熱が取れたら、半分にスライスし、生クリーム、イチゴ、スポンジの順に重ねていき完成です。

オートミールクッキー 斜め前の若奥様より

この週末、私と子どもたち(花の学校のお友達が泊まりにきていたので)は、留守番しましたが、ドミニクは、斜め前の若い御家族に「今晩、UFCファイトがあるからピザでも食べながら一緒に見ないか?」と誘われてお邪魔しに行きました。そこで食べたバタースコッチオートミールクッキーが美味しかったらしく、帰って来たらすぐに、レシピを聞いておいてと言われました。次の日、お礼も兼ねて焼きたてパンを持って行き、一時間弱上がり込んでおしゃべりしてしまったけど、ちゃんとレシピをゲット。早速、今晩、作ってみました。といっても、肝心なバタースコッチチップがなかった・・・でもその代わりに、チョコチップなどでもいけそうだったので、練習がてら作ってみました。作った生地を三つに分けて、スペシャルダークチョコ、何も入れないプレーン、ホワイトチョコ&ドライクランベリーの三種類。アメリカン・クッキーだから、やっぱりちょっと柔らか目。ん~この三種も美味しい!次回は、レシピ通りに、バタースコッチでやってみます。写真は、左からチョコチップ、プレーン、ホワイトチョコ&クランベリーです。子どもやドミニクは、ドライフルーツがあまり好きではないのですが、個人的にはホワイトチョコ&クランベリーが、オートミール、砂糖、フルーツの香りが美味しく重なり合っていると思いました。 材料 卵 1個 バター 半カップ(1スティック、約60g)室温で柔らかくしておく 三温糖(少し押さえた状態) 1/2カップ グラニュー糖 1/4カップ バニラエッセンス 大匙 1 インスタントオーツ 1・ 1/2 カップ 薄力粉 3/4 カップ シナモンパウダー 小匙2 ナツメグ 小匙3/4 ベーキングソーダ 小匙1/2 好みでチョコやドライフルーツなど 1カップ 作り方 卵、バター、三温糖、クラニュー糖、バニラエッセンスを大き目のボールに入れ、白っぽくクリーミーな状態になるまでしっかり混ぜる。 残りの粉類をすべて入れ、全体にきれいに混ぜ、まとまるまで混ぜたら、好みでチョコやドライフルーツを入れ、均等に行き渡るように混ぜ合わせる。 天板に小匙2杯分ずつをこんもりとボール型に置いていき、余熱350F(180℃)のオーブンで約10分ほど焼く。端が少しこんがりとなるくらいで取り出したら、後は余熱でOKです。ある程度冷めると天板からきれいに取り外しやすくなります。

Magic Seeds 日米国旗花

去年の秋、花は春に植えるために紙で種を作り、マジックシード(魔法の種)と名づけました。 今年の春、花は忘れずにそれを畑に植えました。日の丸のような花と星条旗のような花が咲くという。内心私は、ほんとに植えちゃったよ~どうする?がっかりさせるのも面白くないなあ・・・と思って、花が見ていない隙に、ナスタチウムの赤と矢車菊の白と青、赤紫の種を撒いておきました。 数週間後、芽が出てきました。おー!ちゃんと育ってきたよー!って見ていると、花が「これはね、大きな木になるんだよ」って。ゲ!そんなつもりじゃなかったから草花を植えてるのよ・・・。まあ仕方がない。もう遅い。 そして今、花が咲き始めました。「おー!本当に国旗っぽい色になってるねえ!」って見ていると、花「種は、植えたような紙の種かなあ。きっとそうだよね。」って。ん~現実を学ぶときか、花を畑に呼ぶ前に、紙切れを散らばしておくか・・・・・考え中。 追記:マジックシードを信じるようになったのは、4歳の日本訪問のとき。庭でおばあちゃんとおはじきを鉢に植えました。おばあちゃんがそれをずっと取っておいたら、なんと大根のような花が咲いたのでした!花はその報告をアメリカで受け、完全に自分は神の手を持っていると言わんばかりに、花が植えれば何でもよく育つと思っているのです。

Key Lime Pie キーライムパイ

いつか作りたかったキーライムパイを作りました。フロリダキーズに自生する普通のライムよりも小ぶりなキーライムと呼ばれるライムを使うのでキーライムパイ。アメリカの代表的なデザートです。卵黄だけを使うので、残った卵白でメレンゲを作りトッピングして表面を少し焦がして仕上げる方法もあるようですが、今回はよく見かける生クリームとライムのスライスで飾る方法で仕上げました。いつも家にあるグリークヨーグルト(サワークリームを使うレシピもあります)を使い、混ぜて焼くだけ!簡単で美味しい!これほど簡単だと作るのが苦になりません。夏らしいさわやかデザート。また作ろうと思います。おそらくレモンでもいけるのではないかと。今度やってみよう。 材料 pie shell グリークヨーグルト 1カップ 卵黄  5個 コンデンスミルク 400cc (14oz) (キー)ライムジュース 1/4カップ (キー)ライムの皮(摩り下ろす) 大匙 1 ※ライムの量は、ジュース、皮共に多いようであれば減らしても構いません。   作り方 180℃(350F)に余熱を入れる。 材料すべてをボールに入れて、よく混ぜる。 タルト台に流しいれる。 予熱しておいたオーブンで20分(焦がさないように様子を見ます)くらい焼く。 荒熱を取った後、冷蔵庫で一時間以上冷やす。 生クリームとスライスしたライムで飾って出来上がり。

coleslaw  コールスロー

コールスローを作ってみました。コールスローといえば、小学生の頃だったか小倉の町にケンタッキーフライドチキンが来たときに初めて食べました。慣れない味・・・美味しいのか?!・・・ちょっと甘さもあるし。でも、ついつい行く度に注文してたっけ。ビスケットもこれをビスケットと呼ぶのかー!?しっかり焼けてるのか分からない、ちょっと塩気のある甘くないビスケット。蜂蜜じゃなくて(パンケーキ)シロップをかけるんだなあって。でもこれもやっぱり行く度に注文してた。未だに無性に食べたくなるときがある。今回のは、キャベツの量にもよると思いますが、味が全体的に薄かったな。でも食べやすい味付けで、健康には良い感じでした。材料はそのままに、好みに応じてマヨネーズ、塩、酢(又はレモン)で味を調節していけばいいなと思いました。キャベツ使いきりレシピにいいですね。 材料 キャベツ(千切り)  1 個 ニンジン(千切り)  2 本 玉葱(微塵)     大匙 2 ※後味が嫌な人は使わなくても マヨネーズ      1/2~1 カップ 砂糖          1/3 カップ 牛乳          1/4 カップ バターミルク     1/4 カップ(なければ生クリームやヨーグルト、サワークリームもいいかも) レモン汁       大匙 2 酢(りんご?)    大匙 2~4 塩           小匙 1 胡椒          少々 作り方: ボールに切った野菜を入れ、マヨネーズ以下の材料を合わせたものをかけて混ぜ、1~2時間漬けてから食べ始める。置けば置くほど味は浸み込みます。