2014

Santa at 6:30 pm on Christmas Eve

SANTA 32014年のクリスマスも終わりました。2008年に渡米して、家族三人で初めてのクリスマスを過ごしてから今年で7回目。世の中、これが定番という過ごし方があるのかどうか分かりませんが、何となく私たちのクリスマスの過ごし方が、定着してきたように思います。ニュースを見ていると、ここ最近は、クリスマス=プレゼントというのを完全にやめて、何かボランティアなど人のためや思い出に残る行動をするという形に切り替えたという話も聞きました。とてもいいことだなと思いながら、今年もプレゼント三昧・・・のクリスマスとなりました。

まだサンタを信じている花は、サンタさんから、私たちから、祖父母からとプレゼント!プレゼント!!というのしか頭になく、23日は、イヴが待ち遠しく、興奮してとっても早起きしてきたりしました。私が小さかった頃は、サンタ(を信じている頃までは)からのプレゼント一つだったような気がします。朝起きたら枕元にお願いしていた一つのプレゼントで、大喜びでした。クリスマスの頃にいらっしゃるお客さんが、クリスマスっぽいお菓子などを下さったのも覚えています。サンタを信じなくなってからは、家族同士、友達同士でプレゼントを用意して、家族でちょっとした御馳走を食べたり、友達とパーティをしたりという風でした。

そのイメージで、2008年、アメリカで初のクリスマス。私は、そのようなものだと思って、私主体に料理を考えたり、サンタから一つと、私たちからのプレゼントを一つ用意していました。すると当日近くにドミニクが仕事帰りだったかに、小さなぬいぐるみや手袋、文具など小物プレゼントを20個くらいと、私たちからということで大き目のプレゼントをもう3つくらい買ってきました。ドミニク曰く、「こういう小物は、飾っている靴下に詰めるのにいるだろ。そして、クリスマスツリーの下には沢山のプレゼントが並んでいる方がいいじゃないか」と。ほう、アメリカのクリスマスはこういうものなのかと思ったものでした。

そしてクリスマス・イヴ。私たちはドミニクの家族と集まって過ごすということもなく、親子三人のみ。ドミニクも仕事が早めに終わり、外も5時には真っ暗。特にすることもないなあなんて思っていたら、ドミニクが(彼がふと始めたことなのだが)、胡桃割り人形(シュガープラムフェアリー)の音楽をかけました。彼がこそこそしているなあと思ったので、注意していると靴下に入れるといっていた小物をいくつか、花の様子を確認しつつ、部屋の至るところに隠し始めました。私も心のなかでハイハイ、OK、OKとお互い話さないまま、花に気付かれないように置きました。「お?花!これ何?妖精が持ってきた?音楽がかかるから?」と言うと、花も気付き、見つけ終わる度に、「また、音楽かけて。」といい始めました。音楽がかかる度に小さなプレゼントが現れるので、この不思議に大喜び。毎年、続けることとなったのです。

そして毎年イヴには、この地域の消防署の人たちが消防車でサイレンを鳴らしながら、サンタを乗せて近所を走ることが分かりました。急遽、では!いうことで、花がサンタに心を奪われている間に、一人は花とサンタを眺め、一人はサンタが通り過ぎると同時に、隠しておいたプレゼントを庭に置いて、「お?花!これ何?サンタが置いてった?」なんて言うと、花は完全にたった今通ったサンタさんが置いていったのだと信じました。そして、これも毎年続けることとなったのです。こういった行き当たりばったりな行動で、サンタが寝ている間にプレゼントを置いて行くという定番スタイルは通じなくなり、我が家ではイヴにすべてのプレゼントを空けるということになったのです。

考えてみれば、毎年、多少の違いや、辻褄が合わないよね?ということもよく起こるでのすが、やはりそこは純粋な子ども、なんとか切り抜けてきました。実は花は、サンタのEメールアドレス(すべてドミニクに届くようになっている・・・)も知っているから、スクールバスで隣に座る男の子に「それ教えて」って言われたらしく、私たちとしては、その子ががっかりしても困るし、御両親も困るだろうと思って、サンタはそれぞれの家の伝統に合わせるから、教えない方がよいかもよと言って終わりました。また、去年から、世界中にプレゼントを配っているサンタを追跡するサイトも利用し始めたので、そのサンタがアメリカ上空にいるときと、消防車が来る時間帯が合っていないと困るなとかハラハラしないといけないことも。いつ花は現実を知ることになるのでしょう。

Halloween 2014 寒かった~!

Halloween 2014 5今年もやってきましたハロウィーン。なかなか何のコスチュームにするか決まらなかった花。結局お店に行って、色々見ながら決まったのは、スウィーティ・キャット。今年は(も)ハロウィーンはとっても寒くて、雨なら雪になってもいいくらいの寒さでした。花はこの薄手のコスチュームがジャケットのせいで隠れてしまうのが嫌で、レッグウォーマーを腕に通したり、スカーフをするくらいにとどめようとしましたが、あまりの寒さにそんな気持ちは吹っ飛び、ジャケットを着た次第でした。今回は、二ヶ月前から計画していたお友達といつものちょっと離れた住宅街へトリック・オア・トリートに行って来ました。もちろんその前には、毎年恒例の前の家のおばちゃんご夫妻宅へ。私たちの家の周りはハロウィーンの子どもの行き来がないので、袋ごとごっそりとキャンディを独り占めして、好調のスタートです。

住宅街に着くと、玄関の明かりがついているところのみを目指して、「Trick or Treat! お菓子くれないといたずらするぞー!」といいながらキャンディーを入れてもらって行きまます。校区内とあって、子ども同士、親同士、知っている人に会っては「ハッピー・ハロウィーン!楽しいハロウィーンをね!」と挨拶をします。一時間くらい歩いたら、ジャックオーランタンのお菓子入れも一杯になり、お開きとなりました。

そして、帰ってからお菓子をザザー!っと広げて、好きなものをパクつきます。「これが一番楽しみ!」と花は言っていました。今年はちょうど金曜日がハロウィーンだったので、週末中食べ続けていました・・・もちろん私も・・・サイトアップしている今も一人食べてます・・・。まあいいかってことで、今年のハロウィーンももう終わってしまいました。そして今年は、ちょうどこの週末で夏時間も終わり(日本との時差は夏時間中の13時間から14時間となりました)、日は短くなり、冬になっていくのを改めて感じるのでした。只今、外気温0度。木枯らしが吹いて寒そうです~。

Halloween 2014 9Halloween 2014 1Halloween 2014 10Halloween 2014 2Halloween 2014 4Halloween 2014 6

 

「タイムスリップ!堀部安兵衛」 Ronin Transported

掘部安兵衛三井不動産レジデンシャルが企業PRのために製作したウェブ限定ドラマ「タイムスリップ!堀部安兵衛」。

たまたまYahooの映像トピックスに目をやると「忠臣蔵の浪士がサラリーマンになったら」というタイトルが目に入り、クリックしてしまった。温かさの中にも、面白おかしいドラマです。

吉良邸討ち入りの最中に現代にタイムスリップし、不動産会社のサラリーマン になった安兵衛は、年下の上司・青山の元働き始めます。武士道一本の安兵衛と現代っ子なのだけど人間尊重の大切さを分かっている自称会社のホープとの間の気付き、学び合いが素敵です。そして安兵衛は宿敵・吉良上野介の末えいである吉良裕子に恋してしま います。

「タイムスリップ!堀部安兵衛」は9月11日午後6時から特設サイト(www.horibeyasu.be)で公開。

Blood Moon 赤い月

Blood_Moon 今日に日付が変わってすぐの夜中2時からの数時間、 「皆既月食で Blood Moon、赤い月 が観れる」 と知って昨日は一日中期待していたのに、その時間帯が曇り予報・・・そしてそのまま雨・・・。もう普通に寝ました。今朝のニュースで楽しむしかなかったわけです。

地球が太陽と月の間で一直線になるとき、地球が太陽の光を遮り、地球の影が月に映る現象が皆既月食。それに太陽の光の影響で月が赤く見える。それで「Blood Moon、赤い月」と呼ばれる。太陽の光には、「波長の短い青い光」と「波長の長い赤い光」があり、青い光は波長が短いため地球の大気中の空気の分子や塵によって散乱してしまう(だから空は青く見える)。そして赤い光は、波長が長いため大気中の分子や塵に影響は受けながらも多くは散乱せず大気を通過することができる(朝日や夕日が赤く染まるのはそのため)。だから皆既月食中、赤い光だけが弱められながらも影に届くためにこの 「Blood Moon、赤い月」 に見えるということです。そしていつも同じような色になるかというとそうではなく、大気中の塵の量によって黒い色、灰色、暗い赤、明るい赤、オレンジ色というような変化があるということです。特に大きな火山噴火があったときなどは、数年間灰が大気中に留まるため、赤い光が届きにくくより黒っぽい色になるとのことです。

今回は、アメリカではお天気がよければ観れたのですが、日本では観れませんでした。でもまだチャンスはあります。2014年10月8日(日本で観測可能)、2015年4月4日(日本で観測可能)、2015年9月28日ということですよ!

似顔絵 Portrait

papafleamama

花が寝る前にさらさらと似顔絵を描きました。「おーそっくりだねえ!」。完全に親ばかな発言ですね・・・。でもかなり練習してきているのです。何かをきっかけに知ったのでしょう、youtubeで人や物の描き方のお手本動画を見ながら、立体感を出す練習とか。親はどうせ描けない(教えてくれる程の技術はない)からねえくらいに思っているのでしょう。その通り!