手作り

Barbie Clothes バービーの洋服・小物作り

Barbie 4花が3・4歳のときに遊んでいたけど、その後数年全く遊ばなくなって倉庫に眠っていたバービー。夏頃から新しいお友達のお蔭で再燃。全部引っ張り出してきて、バービーサイズの小物や洋服作りもしながらまたよく遊ぶようになりました。よかった~処分してなくて・・・。花は家具作りはお手のものですがさすがに洋服は針やミシンを使うので、大人が手伝います。で、私も作り始めました。縫い物はド素人なのでなんの知識もないのですが、人間用のように大きくないし、きちんと仕立てなくていい、きりっぱなしでも見かけさえよければOKといういいかげんでいいところが最高です。もちろんこれらは、Youtubeで見つけたアイデアで作っているのですが、材料は、パスタの空き箱、石鹸ケース、ボタン、着古して処分するだけの洋服などです。

Barbie 2Barbie 3Barbie 1

おばあちゃんの手作り人形 From Gramma in Japan

Mom's doll大分に住む母から、娘の花へ手作りのお人形が届きました。母は「私は昔からこういうのは上手ではないのだけどね」と言いながら、どんどん練習して出来ては送ってきてくれるのです。小包を開けたときにこの人形たちがずらり並んでいると、花も私も思わず歓声を上げてしまいます。どれも凄く可愛い!!!洋服の生地、髪型、アクセサリー、ボタンと小さなところまでセンスが光ります。花は、アメリカのおばあちゃん、日本のおばあちゃん、本人、私らしい人形をそれぞれに決めて、お友達が’来たときには、そのお友達らしいお人形を選んで遊びます。お店で買うプラスチックの人形と違い、知っている人が作った、気持ちのこもった、肌触りのよい人形はやはり最高です。裏返すと目をつぶった状態になっていて洋服の生地も裏表で違うので、着せ替えずに起きているとき寝ているときの使い分けができます。このシンプルな形がまた素敵です。

手作りバター Homemade Butter

butter 4この三連休は、花が好きなオートミールクラッカーを作ることになっていたのに、バターを買うのを忘れた。「ごめん!バターがない・・・」と言うと、「家で作れるよ。保育園で作ったことがある。でも材料をよく覚えてない」と。「じゃあ、インターネットで調べてみてくれる?」。ユーチューブで探してくれて、見てみると超簡単ではないですか!ラッキーなことに生クリームはあった。生クリームをシェイクし易いボトルに入れて、7分から10分くらい振りまくる。5分くらいでふわふわ生クリームができて、そのうちにコトコトという塊の音とチャポチャポという水分の音がし始める。コトコトいっているのがバターで、チャポチャポいっているのが脱脂乳。網に布巾かキッチンペーパーを敷いて漉したらバターの完成。やさしい舌ざわりと風味のバターができました。この状態では無塩なので、ちょっと塩を足して有塩バターです。昔、生クリームを作るときに混ぜすぎて分離し、もう使えないって捨てた経験があるけど、こうすればちゃんと使えたんだ。※なるべく小ぶりな容器に容器の3分の1くらいまで生クリームを入れて作る方が振りやすいです。あまり大きい容器だと重くて疲れ、生クリームも沢山入れるとふわふわ生クリームになってからが容器がいっぱいになりシェイクできません。

butter 3butter 2butter 5

Homemade Beef Jerky 手作りビーフジャーキー

beef jerky前から気になっていたディハイドレーター。ドミニクの同僚がこの機械でとても美味しいビーフジャーキーを作ると聞いて決心しました。私が夏にハーブを数日間天日干しして保存していたのが、この機械があれば10分でできるのだそう!肉、野菜、ハーブ、果物、なんでも乾燥させて保存できるというから楽しみです。第一回目は、ビーフジャーキー。薄切り肉(脂の少ない部位)を買ってきて、今回は和風に、玉葱と大蒜を摩り下ろし、お醤油、みりん、砂糖に一晩漬け込んでハイドレーターに置いていくだけ!素朴な食べやすい美味しい無添加ビーフジャーキーが約4時間(肉の厚さによって時間は変わってきますが、曲げてみて硬く曲がるけど、ポキッと折れない程度まで乾燥させていきます)で完成です。肉の厚さを調節したい場合は、肉の塊を少し凍った状態で、好きな薄さに切ると切りやすいようです。ドミニクは、次はウスターソースやホットチリペッパーをもっと使って作るといいと言っています。今後色々な味付け、スパイスでもっとビーフジャーキーを作るぞ!

beef jerky 4beef jerky 2beef jerky 3