ホームベーカリー

Homemade Mochi ブレッドメーカーで餅作り

mochi 1友人にブレッドメーカーでお餅が作れると聞いて、近いうちにやってみたいと思い続けて、三連休の今日、作ってみました。日本では、ブレッドメーカーに餅つき機能が付いたものが売っているようだったから、そういう機能付きじゃないと出来ないと思っていました。でもその友人曰く、アメリカ製のブレッドメーカーで、アメリカに駐在している日本人主婦さんたちは、アジアンマーケットでしか手に入らない、割高の、しかも郵送となると重さがあり、日本から送ってもらうのは気が引けるこのお餅を家で頑張って作っているのだと。見習わなくては。

簡単と聞いていた通り、かなり簡単に、スムーズなきれいなお餅ができました!お店で売っているお餅に慣れているので、つき立てってこんな感じ?もっと何か違う風なのかなとかもとも思いましたが、しっかり引きのある、美味しいお餅ができました。かなり濡らした手で、ぱぱっと丸めて、引っ付かないように片栗粉とかにまぶすのだっけ?mochi 2もっと水を減らして餅自体を固めに仕上げるべきか、そこをもうちょっと検索しなくては。インターネットのレシピ(クックパッド)の人は、ジップロックの袋に入れて、空気を抜いて、平たくして、好きな分だけ使えるように、冷凍保存もできると書いていました。とは言え、とにかくひっつくひっつく・・・。

  1. 三合の餅米を洗って、水に1~2時間浸しておく。
  2. ザルに上げ、炊飯器に入れ、220ccの水で炊く。
  3. 炊き立てをブレッドメーカに投入し、pizza(dough)で20分くらい練れば出来上がり。

※つき時間は、様子を見ながら。私は、用事をしていて、30分練ってしまいました。全く粒の残っていないスムーズなお餅が出来ていました。

 

Bagels with Bread Maker ベーグルを作ってみた

bagel今週初めに降った雪がまだ残る上に、今日は-5F(-20℃)という寒さの中、花は、二時間遅れスタートの学校へ行きました。道路には雪と氷がしっかりと覆いかぶさり、私は何処にも行くことができません。なので、花が帰ってきたときに、前から作ってみたかったベーグルを一緒に焼いてみようかと午後から準備をしました。もちろん生地はホームベーカリーを使ってみます。

Youtubeやインターネットで適当に作り方やレシピ(ホームベーカリー使用のレシピは無かった・・・)を見て、それぞれの共通点を見つけて、材料、分量、作り方を書き留めましたが、初めてのこと、想像するのが難しかったので、とりあえず今回は、失敗覚悟で作り始めることにしました。流れは、

下準備の発酵を終えて、残りのブレッドフラワーを足してから、ホームベーカリーのピザ生地機能をON。

生地が出来た後、二倍に膨らむまで休ませ、ベーグルの形にしていきます。

ベーグルを茹でた後、好みのトッピング(今回は、けしの実とゴマ)を付け、400度で20分ほど焼いて出来上がり。

どれどれ・・・見かけは、ちゃんとベーグルみたい。歯応えは、外は引きのあるカリカリ、中はもっちり。味は、お店のと比べるともっとパンっぽい味でした。今回殆どのレシピに入っていたモルトシロップというのが家に無く、使わなかったので、そのせいかな。食べる前にトーストして、クリームチーズをたっぷりつけて食べると、美味しかったです。ベーグル好きな花もドミニクも気に入っていたので、良かったのですが、もうちょっと研究して、ちゃんとしたレシピで慣れたものを作れるようになりたいというのが、今後の目標。レシピアップは、そこまで出来たときにしようと思います。今回は写真のみ、日記兼反省会として。※次の日、改めて食べてみると、一層歯応えのある、よりベーグルらしい香りのベーグルとなっていました。花は朝ごはんに、ランチに、おやつにと三回も食べました。かなり気に入っています。適当レシピで作ったので、再度きちんとやってみます。

bagel 3bagel 5bagel 6bagel 7bagel 8bagel 9bagel 11bagel 12