フロント・ロイヤル

Apple Picking  りんご狩り

先月のことになりますが、秋らしいカラリと晴れた暖かい日の夕方、車で20分くらいのところにある果樹園にりんご狩りに行ってきました。狙いは、「Fuji」 apple pieか「Gala」というりんごだったけど、殆ど採られてしまっていて、「Granny Smith」という緑で酸味の強いりんごのみとなってしまいました。

子どもたちは、りんごの種類など関係なし、とにかくつかみ取り、採り放題。時には落としてしまったり、上手くキャッチできたり、採るという行為を嬉々と楽しんでいました。

このりんごは、ワインなどのつまみとしてカマンベールチーズと一緒に食べると美味しいということを聞いたことがありましたが、アップルパイにしても美味しいと果樹園のおばちゃんが言ったので、Googleでグラニースミス用レシピを検索して、作ることにしました。

このレシピは簡単!もちろん冷凍パイシートを使ってのことですが・・・。りんごが旬で美味しいのか、レシピがいいのか、とても美味しいアップルパイが出来ました。

apple picking 2apple picking 3apple picking 1

材料

  • 冷凍パイシート
  • バター  1/2カップ
  • 小麦粉  大匙 3
  • 水     1/4カップ
  • 白砂糖  1/2カップ
  • 三温糖  1/2カップ
  • りんご   8個 (グラニースミス)

作り方

  1. オーブンを425F(220℃)にセットする。
  2. 小さな鍋にバターを入れて、融かす。
  3. 2に小麦粉を少しずつ足して、クリーム状にする。
  4. 3に水、白砂糖、三温糖を加え、沸騰させる。
  5. 沸騰したら、火を弱めて、ソース状になるまで少し炊き詰める。
  6. 用意したパイ型にパイシートを広げ、スライスしたりんごを積み重ねていく。
  7. 4のソースを6全体にかけて、細く切ったパイシートで、格子状にガバーするように表面を飾る。
  8. 余熱しておいたオーブンに入れて15分焼き、350F(175℃)に下げて、35-45分(りんごが柔らかくなるまで)焼く。
  9. お好みで泡立てた生クリームやバニラアイスクリームと共に食べる。

 

Library in Town 町の図書館

library 3今日は、朝からどんより小雨模様。ちょっと肌寒いくらいでなので、しっとり読書でもと思い町の図書館に行ってきました。花も家にある本は大体読んでいて、そのせいか最近読書時間が減ってよくないなあと思っていたところでした。この図書館は4年前に古い図書館から移館して新しく建てられた図書館です。前より広くなり、ゆっくりとくつろぎながら読む場所や、調べものが出来る場所、コンピュータなどが充実しています。2・3歳の頃は、週一回の読み聞かせに来て、その後クラフトをする活動に参加したりしていました。小学生には、夏休み中、サマー・リーディング・クラブというのに登録すると5冊ごとに小さな景品をもらえるような企画もあります。新しい本は沢山は買えないので、どんどん利用しない手はないですね。私も英語の本を読めば、英語力アップできるかなあ。右の写真の花は、借りる本をセルフチェックアウトしています。メンバーズカードのバーコードをスキャンして、一冊ずつ読み取っていきます。DVDも同じようにスキャンしたあとケースのロックを外していきます。花は「図書館員みたい!」と言って喜んでします。

library 2library 5

Sweet Frog in Front Royal フローズンヨーグルト

Sweet Frog 001隣町にしかなかったフローズンヨーグルトのお店。ついに私たちの住むフロントロイヤルにオープンしました。花が看板が見えた!というので一度行ってみたらまだオープンしていなくて、内装をしている最中でした。そして今日、いつの間にかオープンしていたので行ってきました。まずはカップを選んでフローズンヨーグルトアイスバーで好きな味のアイスのバーを引っ張ってカップに注ぎ、約60種類のトッピングの中から好きなものを選んで乗せていき、最後に量りに乗せ、重さで値段が決まります。

Sweet Frog 002個人的には、なんでヨーグルトなのだ?アイスクリームとかフローズンカスタードだったらいいのになと思うのですが・・・。でもフローズンヨーグルトはアイスクリームに比べ低脂肪なのだそう。元々フローズンヨーグルトは、体のためにヨーグルトを食べたいけれどどうも苦手という人のために作られ始めたのだそうです。私の望むアイスクリームとフローズンカスタード(アメリカで初めて知りました)の違いは、空気の含有量で決まってくるそうです。フローズンカスタードの方がグーンと空気が少ないので、密度が濃いくまったりと味に酷があるということです。確かにフローズンカスタードははまります。