デザート

Strawberry Shortcake

アメリカのストロベリーショートケーキというと、こういうのなんだあ。私の担当している小学生が読んでいた絵本に載っていたレシピで作ってみました。日本のストロベリーショートケーキというとふわふわのやわらかーいしっとりしたスポンジケーキを生クリームで包み、切ったときにはスポンジの間の薄くスライスされたイチゴと、真っ白な表面にぷよっと盛られた生クリームのベッドにイチゴがごんと乗ったイメージ。でもアメリカ版は、スコーンのような又はケンタッキーでチキンについてくるビスケットのような甘くなくてちょっとごわごわとしたものがスポンジ。同じく二枚にスライスし、生クリームと大雑把にスライスしたイチゴを大胆に重ねて仕上げるのをストロベリーショートケーキというらしい。これが意外や美味しくて、花を始め皆がとっても気に入り簡単に出来るから、三週間程、平日週末構わず作り続けました。イチゴが美味しい季節にどうぞ。

材料

  • 小麦粉 (all purpose flour)  2  カップ
  • 砂糖  大匙 2
  • ベーキングパウダー 大匙 1
  • 塩 小匙 1/2
  • バター 1/2  カップ (室温で柔らかくしておく。)
  • 卵 1個
  • 牛乳 2/3  カップ
  • 生クリーム 1 カップ + 砂糖(砂糖を甘めに加えて泡立てる。)
  • イチゴ 適量 好きなだけ

作り方

  1. オーブン 450F(230℃)
  2. 小麦粉を篩いにかける。ベーキングパウダー、塩、砂糖の粉系材料を合わせて、もう一度篩いにかける。
  3. バターを入れ、手でぽろぽろの状態になるまで混ぜる。
  4. 卵と牛乳を入れ、少しず全体が均等にしっとりするまで、やさしく合わせていく。
  5. バターを塗った、又はベーキングシートを敷いた焼き型に入れ(3~3.5センチくらいの高さになります)、端が少し高くなるように整え、15分から18分焼く。
  6. 熱が取れたら、半分にスライスし、生クリーム、イチゴ、スポンジの順に重ねていき完成です。

Coconut Oil ココナッツ・オイルの効用

coconut oil少し前にココナッツクリームパイレシピをアップしたときに、日本の友人がココナッツウォーターがアメリカのセレブの中で流行っていて、日本で今ブームになっているんだよって教えてくれました。アメリカに住んでいる当の本人は、全くそんなことは知らなくて、すぐにGoogleしました。すると、お腹の善玉菌を増やすとか、長生きするとか、ココナッツ・オイルがお肌に、髪に、お料理にと何にでも使える凄い自然食品であるというようなことが書かれていました。

ドミニクに、ね~インタネットで注文して~、私パイナップルの酵素がお腹の整腸剤にとても合う体質だから、これいいんじゃないだろか。でも南国フルーツのマンゴーアレルギーがあるから、ちょっと心配だけどね・・・と何の根拠もない他の食品との関係を考えながらお願いしてみました。そして半年間、忘れた振りして無視され続けていたら、何とウォルマートの食品売り場に沢山置いてあるではありませんか!こ!こ!これよ!とブランドを見比べ、とりあえず小さめのものを買ってみました。

夜シャワーをして、髪の毛、顔、体、足の先まで塗っていきました。ローションと違って、オイルなのでテカってさらさらとした感じです。ココナッツの香りがいい~~!思わず腕をかぶりつきたくなる美味しそうな香りです。効果はなくても、この匂いを嗅ぎながら眠れるだけどいい~と思ってしまう程でした。アレルギーの出る可能性も無くはないような記事も読みました。どうなるでしょう。しばらくつけていってみます。

で、次の日、新たな効用情報が。花の学校の友達が遊びに来たので、送ってきたお母さんも引き止めて、ランチから約5時間くらい食べてしゃべってまた食べてと過ごしていく中で、彼女にココナッツオイルを使い始めたことを話しました。へー知らなかった~って言われるかと思いきや、私もずっと使っていてねと説明し始めました。コストコで大量に入っているのを買って、結構いろいろ使っているとのこと。彼女の話は、こうでした。

  • 髪やスキンに。でもつけ過ぎるのか、べたつくから使うのを止めた。
  • コーヒーに。
  • 炒め物などお料理に。ちょっと香りが残るかな。
  • 焼きケーキなどに。殆ど使っていることは分からない。消化吸収を助けるとかだったかな。
  • マウスウォッシュ代わりに。口内の雑菌を殺すため、歯茎がとても健康になると知り、歯茎が痛んだときに、これを始めると炎症が治まって、やめると痛みが復活。オイルを再び使ったら、また痛みが引いた。

早速、マウスウォッシュをやってみました。調べてみると 「Oil Pulling(オイル・プリング)」と呼ばれ、オーガニックなどの食用オイルなら何でも使える(手強い汚れ、油汚れを油で落とすという感じかな)ようなのですが、ココナッツが一番菌を無くしたという結果が出ているのだそう。自然のものだから、子どもが使っても安心。小匙1~2杯のココナッツ・オイルを口に入れ、クチュクチュと歯と歯の間に通すようにして約15分~20分(これが結構気持ち悪い。香りはいいのだけど、私は10分も続けられなかった・・・)続けて、吐き出します。そして、普通に歯を磨きます。オイルでクチュクチュする前に、フロスをしておくともっと効果的かなと思いました。良いのか悪いのか、歯がつるつるという感じを通り越して、きしきしした感じになりました。かなりすっきり感が持続します。ということは、口臭にもいいのかな。これも暫くやっていこうと思います。

Pumpkin Fluff パンプキン・フラフ

pumpkin fluff 2花が幼稚園のときに、担任の先生が子どもたちのために作ってくれ、教室で食べたのだそう。花が気に入り、先生にレシピを伺って以来ちょこちょこ作ります。甘さを控えれば、赤ちゃんの離乳食や高齢の方々のデザートによさそうな感じです。ハロウィーンや感謝祭によい秋らしいデザートです。花は、そのまま器に盛って、スプーンで食べるのが好きですが、タルト台に流し込んで冷やして食べたり、ガラスの器に生クリームと共に入れたり、大きなかぼちゃに入れて、ジンジャースナップ(ちょっと柔らかいクッキーのようなもの)やりんごをディップして食べたり、ワッフルにのせて食べたりするようです。今回は一人分サイズの小さなかぼちゃをくり抜いて中に入れてみました。材料は、3つだけなのでとても簡単です。

材料

  • パンプキンピューレー  1缶(15OZ、425g)
  • Jello (Vanilla)     1箱(3.4OZ、96g)
  • 泡立てた生クリーム   2~3カップ分くらい(便利で美味しいので冷凍を使っています)

作り方

  1. 大き目のボールに Jello を入れ、牛乳を指示の半分の量にして固めのクリームを作る。
  2. パンプキンピューレーを1に入れてよく混ぜる。
  3. 室温で解凍しておいた生クリームを2に入れ、ざっくりと混ぜる。

pumpkin fkuffpumpkin fluff with ginger snappumpkin fluff in a glass

Key Lime Pie キーライムパイ

key lime pie 3いつか作りたかったキーライムパイを作りました。フロリダキーズに自生する普通のライムよりも小ぶりなキーライムと呼ばれるライムを使うのでキーライムパイ。アメリカの代表的なデザートです。卵黄だけを使うので、残った卵白でメレンゲを作りトッピングして表面を少し焦がして仕上げる方法もあるようですが、今回はよく見かける生クリームとライムのスライスで飾る方法で仕上げました。いつも家にあるグリークヨーグルト(サワークリームを使うレシピもあります)を使い、混ぜて焼くだけ!簡単で美味しい!これほど簡単だと作るのが苦になりません。夏らしいさわやかデザート。また作ろうと思います。おそらくレモンでもいけるのではないかと。今度やってみよう。

材料

  • pie shell
  • グリークヨーグルト 1カップ
  • 卵黄  5個
  • コンデンスミルク 400cc (14oz)
  • (キー)ライムジュース 1/4カップ
  • (キー)ライムの皮(摩り下ろす) 大匙 1

※ライムの量は、ジュース、皮共に多いようであれば減らしても構いません。

 

作り方

  1. 180℃(350F)に余熱を入れる。
  2. 材料すべてをボールに入れて、よく混ぜる。
  3. タルト台に流しいれる。
  4. 予熱しておいたオーブンで20分(焦がさないように様子を見ます)くらい焼く。
  5. 荒熱を取った後、冷蔵庫で一時間以上冷やす。
  6. 生クリームとスライスしたライムで飾って出来上がり。