大雪 Snow Storm March 6, 2013

ついに大雪です。学校も仕事も休み!20インチ(約50センチ)の積雪でした。朝11前に停電になり、家の中では何もできず、庭へ出ました。3時間後に戻ったら、ピーっと電気も戻りました。

フロランタン

私が小さな頃からお世話になったお茶の先生のレシピ。初釜のお料理はもちろんのこと、たまにサプライズで頂いた洋風デザートがまたとっても美味しいの~!先生の作っていらっしゃったロールケーキがまた食べたくてレシピを伺ったら、このレシピも教えて下さいました。早速お食事に招いて下さった方に手土産(前日に作り上げられるのが魅力!)として作りました。その場にいらっしゃった方々から、「本物のお菓子屋さんのみたい!」と喜んで頂きました。 フロランタン(23C*29C天板二枚分・17inch*11inchの天板一枚分) 材料 サブレ生地 バター(有塩) 150g ※室温でやわらかくしておく マーガリン   100g ※室温でやわらかくしておく 砂糖      150g 全卵       2個 バニラオイル  少々 薄力粉     530g ※振るっておく アーモンドキャラメル バター(有塩) 60g 生クリーム   140g 砂糖      145g 水飴      55g ※light corn syrupを使っています 蜂蜜      75g スライスアーモンド  80~100g ※150℃・300Fで10分くらいローストしておく 作り方 サブレを焼く 大き目のボールに、バター、マーガリン、砂糖、全卵、バニラオイルを順に加えながらその都度練るように混ぜ、薄力粉を入れざっくりと粉が見えなくなるまで混ぜる。まとめてラップに包んで冷蔵庫で一晩寝かせる。 冷やした生地を延べ台に麺棒で伸ばし、用意した天板に合わせて6~8ミリの厚さに伸ばしていく。ピケする。(フォークで生地に空気穴を開ける) 生地を麺棒で巻き取り、クッキングシートを敷いた天板にピケした方が下にくるように置く。 170℃(340F)で20分~25分焼く。 サブレを焼いている間にキャラメルを作る 小鍋にバター、生クリームを入れ、沸騰させる。 中鍋に砂糖、水飴、蜂蜜を入れ、アメ色になるまで火を入れる。 2の中に沸騰した1を三回に分けて入れ混ぜる。 アーモンド入れてまんべんなく混ぜる。 仕上げ サブレの熱いうちにアーモンドキャラメルをサブレの周囲5ミリらいを残して表面に広げていく。 150℃(300F)でアメが沸騰するまで焼く。少し表面が茶色くなるくらいまで焼くとキャラメルのカリカリ感とサブレのサクサク感が増す。 荒熱が取れたら食べやすい大きさに切り、冷めればくっつかなくなるのでラップやセロハンに包むこともできる。 追記 今回初めて作ってみたのですが、全行程(食べる状態)まで終えたとき、想像していたカリカリ感がなかったので、再度300Fのオーブンに20~30分に入れて、こんがりとさせました。 アーモンドキャラメルはどのくらいまで煮詰めてよいのかまだ試作段階で、かなり水っぽい状態でサブレにかけて、やわらかく仕上がってしまい上述のように二度焼きとなりました。サブレ、キャラメル共にもっとしっかり火を入れたらいいなと思いました。 好みによってキャラメルにはドライフルーツ(ドレンチェリー30g、アンゼリカ30g、アーモンド30g)という組み合わせで作ることもできます。

Kitchen Garden

これらの写真は、2012年夏に記録として取りました。 今年はまだ何もしておらず、こぼれ種で芽が出てきている青じそ、ディル、プチトマト、そして毎年元気に成長して(増えて)くれる。茗荷やヨモギ、オレガノ、葱、パセリ、みつば、ミント、セージ、タイムなどが何も手を加えないまま生えています。ずぼらな私には有難い植物たちです。