Strawberry Shortcake

アメリカのストロベリーショートケーキというと、こういうのなんだあ。私の担当している小学生が読んでいた絵本に載っていたレシピで作ってみました。日本のストロベリーショートケーキというとふわふわのやわらかーいしっとりしたスポンジケーキを生クリームで包み、切ったときにはスポンジの間の薄くスライスされたイチゴと、真っ白な表面にぷよっと盛られた生クリームのベッドにイチゴがごんと乗ったイメージ。でもアメリカ版は、スコーンのような又はケンタッキーでチキンについてくるビスケットのような甘くなくてちょっとごわごわとしたものがスポンジ。同じく二枚にスライスし、生クリームと大雑把にスライスしたイチゴを大胆に重ねて仕上げるのをストロベリーショートケーキというらしい。これが意外や美味しくて、花を始め皆がとっても気に入り簡単に出来るから、三週間程、平日週末構わず作り続けました。イチゴが美味しい季節にどうぞ。

材料

  • 小麦粉 (all purpose flour)  2  カップ
  • 砂糖  大匙 2
  • ベーキングパウダー 大匙 1
  • 塩 小匙 1/2
  • バター 1/2  カップ (室温で柔らかくしておく。)
  • 卵 1個
  • 牛乳 2/3  カップ
  • 生クリーム 1 カップ + 砂糖(砂糖を甘めに加えて泡立てる。)
  • イチゴ 適量 好きなだけ

作り方

  1. オーブン 450F(230℃)
  2. 小麦粉を篩いにかける。ベーキングパウダー、塩、砂糖の粉系材料を合わせて、もう一度篩いにかける。
  3. バターを入れ、手でぽろぽろの状態になるまで混ぜる。
  4. 卵と牛乳を入れ、少しず全体が均等にしっとりするまで、やさしく合わせていく。
  5. バターを塗った、又はベーキングシートを敷いた焼き型に入れ(3~3.5センチくらいの高さになります)、端が少し高くなるように整え、15分から18分焼く。
  6. 熱が取れたら、半分にスライスし、生クリーム、イチゴ、スポンジの順に重ねていき完成です。

Courtney – 4 months old

コートニーも4ヶ月。離乳食も少しずつスタートしました。今はまだ10倍粥をミキサーでとろとろにしたものやパン粥を、一日一回、練習程度に食べています。最初の週は、皆、興味津々で、スプーンの取り合いでした。コートニーも戸惑いながらも、時にはスプーンが口元に来るのが待ち遠しいような様子で、まずは順調なスタートです。
また、寝返りも成功。自分からどんどんしていく程ではありませんが、背骨がむずむずするのでしょうか、自分の意思に反して、どうしても体が勝手に海老反りになるような感じで、泣きながら寝返りをしたりします。この頃は、寝ているよりも座っているほうが嬉しいようです。

ドミニク、かなり強引です。

初寝返り!

体が前へ横へと忙しいコートニー。

Cream Puffs  - シュークリーム-

Cream Puffs高校生のときに習ったシュークリームの作り方。東京に菓子作りの修行に行ったという兄の小学生時代の友人が北九州に戻ってきたときに家に遊びに来て、お料理教室のように実践して教えてくれたのよ!それから暫く何かあるごとに作っていましたが、もう二十年近く作っていませんでした。

数年前にアメリカで久し振りにレシピ通りに作ってみたら、大失敗。なんで?!と思っていたら、こちらで一般的なお菓子作りに使う小麦粉が中力粉だったからみたい。

花が、お店で買う冷凍一口シュークリームが好物になって数ヶ月。本格シュークリームの味を知って欲しくて、一緒に久し振りに作りました。もちろん、アメリカのシュークリーム(クリームパフとアメリカでは言い、カスタードではなくホイップクリームを入れているのが多い)レシピを検索して、何が違うのか調べました。すると水の量だということがわかり、それでやってみるとドンピシャ!後はちょっとの温度調節で、ほぼ良く作っていた頃のシュークリームに!

アメリカのクリームパフに慣れている花は、カスタードの入ったシュークリームは、重たすぎる・・・のだそう。でもカスタードもちょっとは欲しいなとも。我が家に合うシュークリームを完成していこうと思います。

カスタードクリームの作り方

  1. 卵黄(6個)、砂糖(140g)、振るった小麦粉(60g)を鍋に入れ、良く混ぜ合わせる。
  2. レンジで人肌に温めた牛乳(500cc)を少しずつ入れながら、1にきれいに馴染むまで混ぜ合わせる。
  3. 中火にかけてひたすら木べらで、鍋のそこが焦げ付かないように、ひたすら混ぜる。ぼこぼこと坊主ができ、木べらですくい上げたときにトロッ、トロッ、ともったりと落ちるくらいにしっかりしてきたら火からおろす。
  4. バター(25g)とバニラエッセンス(少々)を入れ、良く混ぜ合わせ、熱いうちに裏ごしをする。
  5. 生クリーム(2カップ)に砂糖(山盛り大匙2)とバニラエッセンス(少々)を入れて、固めに泡立てる。冷凍ホイップクリームもOK。
  6. 冷ましたカスタードと泡立てた生クリーム、好みで香りつけにグランマニエ(少々)を入れて、合わせる。カスタードが冷めて固くなっている場合、しっかり混ぜ合わせて柔らかい状態にしておかないと、絞り袋から出にくいです。

シュークリームの皮の作り方

  1. 水150cc(250cc=All Purposeのとき)、バター(100g)を鍋にかけて、沸騰させる。
  2. 振るった粉(100g)を沸騰している1に少しずつ入れ中火で団子状になるまで混ぜる。シリシリという音がし始めるまで。
  3. 火からおろし、暫く混ぜながら、少し熱さが落ち着いたところに、溶き卵(4個分)を3回に分けて入れては、しっかり混ぜ合わせる。もったりとしたクリーム状になるまで。
  4. 絞り袋に入れ、天板に小玉を作り、霧吹きで水をかける。または、水をつけた指で形を整えながら、小玉一つ一つの表面に水をつけていく。
  5. オーブンに余熱を入れ、220℃(425F)で10分、180℃(350F)で15分(表面に少し焼色がつく程度まで)焼く。
  6. 皮の熱が取れたら、準備しておいたクリームを絞り袋に入れて、クリームを注入していく。又は、上下半分ずつに切って、クリームを挟む。
  7. 好みで粉砂糖を降りかけて、出来上がり。

思ったことは、皮を焼いてから、あまり長く放って置かないこと。皮が冷めたらすぐにクリームを入れ、容器に並べたら、ラップをして、冷蔵庫で冷やしておくと、程よい湿気が皮をしっとり柔らかくしてくれます。

French Bread -フランスパン-

French Breadずっと気になっていたパン焼機のフランスパン生地機能。検索もせず、とにかく生地までつくり、バケットになるように形を整えてクープを入れて焼いてみた。

んー焼きたては外がパリ!中はしっとりだったけど、時間が少し経つとただの素朴なパンのような感じで、また作ろう!とはならない程度でした・・・。

基本的にアメリカのフランスパンって、引きが無くてぽそぽそしているんですよね。だからパン焼機のフランスパンレシピで作るとやはりそんな感じで、それが普通なのかな。

日本で食べていた、外側パリッパリ!中はもっちり!外も中も引きがあるフランスパンってどうやったら出来るんだろう。検索するのも色々なレシピを試す気にも今はなれない・・・。でも美味しいフランスパン作れるようになりたい!!

誰か「これよ!」っていうレシピを教えてください!

Hot Day & Chicks 暑い日とひよこ

Hot Day on the Porch今日は、暑かったー!35度!我が家はクーラーをなるべく使わないから、日中はへろへろでした。電気代節約と新陳代謝を考えて使わない・・・。でも30度を越えたら使いましょうよねえ・・・。

遠くに雷の音を聞きながら、結局雨らしい雨は降らなかったのだけど、パラパラと降っては風が吹き、ちょっと涼しくなったりもしましたが、とにかく暑かった。昨日が夏至で、これから日が短くなっていくのかと思うとちょっと寂しくなります。今は9時くらいまで明るいんですよ。

日が沈み始めると、流石に気温は下がって、今度は室内の方が熱を溜め込んで暑い!暑すぎて食欲も出ない。もう皆で暗くなるまでポーチで過ごすことにしました。新しい仲間、6羽のひよこも一緒にポーチへ避難。気温が下がって、体感気温も落ち着いたらやっとお腹が空いてきたから、家の中に入って、軽い夕食を食べました。明日も暑そう。