Magic Seeds 日米国旗花

nasturtium 去年の秋、花は春に植えるために紙で種を作り、マジックシード(魔法の種)と名づけました。

今年の春、花は忘れずにそれを畑に植えました。日の丸のような花と星条旗のような花が咲くという。内心私は、ほんとに植えちゃったよ~どうする?がっかりさせるのも面白くないなあ・・・と思って、花が見ていない隙に、ナスタチウムの赤と矢車菊の白と青、赤紫の種を撒いておきました。

数週間後、芽が出てきました。おー!ちゃんと育ってきたよー!って見ていると、花が「これはね、大きな木になるんだよ」って。ゲ!そんなつもりじゃなかったから草花を植えてるのよ・・・。まあ仕方がない。もう遅い。

corn flowerそして今、花が咲き始めました。「おー!本当に国旗っぽい色になってるねえ!」って見ていると、花「種は、植えたような紙の種かなあ。きっとそうだよね。」って。ん~現実を学ぶときか、花を畑に呼ぶ前に、紙切れを散らばしておくか・・・・・考え中。

追記:マジックシードを信じるようになったのは、4歳の日本訪問のとき。庭でおばあちゃんとおはじきを鉢に植えました。おばあちゃんがそれをずっと取っておいたら、なんと大根のような花が咲いたのでした!花はその報告をアメリカで受け、完全に自分は神の手を持っていると言わんばかりに、花が植えれば何でもよく育つと思っているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *