Kitchen Garden

Lupine ルピナスの花

lupineワイルドな大きな庭に負けない花を探して、ルピナスをその一つに選び、去年植えました。二年目のこの春、きれいな花を咲かせました。手入れの行き届いていない土にしっかりと育ってくれて、感動です。

ルピナスといったらターシャ・テューダーを思い出します。彼女のことは、庭造りの大好きな母の影響で知りました。彼女は、アメリカで有名な絵本作家。50歳後半にアメリカ北東部バーモント州の広大な土地で、庭造り、自給自足の生活をし始め、2008年に92歳でこの世を去りました。

ルピナスは、ターシャ自身が、幼い頃に家族と交流のあった、電話の発明者グラハム・ベルが、アメリカ中にこの花を咲かせようと、ルピナスの種をポケットに入れて、訪れるアメリカの先々で撒いていたという話を聞いて、感動したという花。ターシャが住んでいた敷地の入り口の草原にも、このルピナスが自由に咲いていました。

そう、彼女は私たちが住んでいるところよりも「さらに北=思いっきり寒い」ところに住んでいました。その土地にしっかり咲くのだから、ターシャの庭造りに学んで、ここでも間違いなく咲くだろうというのもありました。これだけ適当な私の庭にもしっかりきれいに咲いてくれたので、今後、ミニチュア・ターシャ風庭を目指して、ルピナスを増やしていくぞ!

食用花 Edible Flowers

cornflower milk jellyあまり意識していなかった食用花。ハーブや野菜を育てているとどのお花も一応食べられるのですね。ハーブはどれも皆可愛らしい花ですし、ズッキーニやかぼちゃ、オクラなども飾るとダイナミックな盛り付けになりそう。前に何かの雑誌でズッキーニの大きな黄色い花の中にサラダを入れてお皿に盛っている写真を見たことがあります。野菜もハーブももう終わりに近づいて、もっと花も楽しむべきだったなあとちょっと後悔・・・。でも何とかまだ間に合うものも。今日は、満開をちょっと過ぎてしまったけど、花が植えたマジックフラワーの矢車菊を入れて花の大好きな牛乳寒天を作りました。きれいだったけど寒天の量を間違ったのか固くなってしまった・・・。次はもっと上手に、これも花のマジックフラワーだったナスタチウムの花を使ってみようかな。そして、ナスタチウムの葉は少し辛味があり、サンドイッチやサラダに使うといいそうです。

畑の野菜 Kitchen Garden

garden 2014少しずつ収穫が出来始めました。畑を始めて5年になりますが、最初の頃は、あれもこれも育ててみたくて、育てるのが楽しくて、でもあまり食べることなく・・・というものもあったのですが、段々とこの土地に合って、育てやすくて料理に使いやすい、あると助かるというものが分かってきた気がします。ハーブなら、パセリ、イタリアンパセリ、葱、ミツバ、バジル、紫蘇、コリアンダー、タイム、ローズマリー、ミント、茗荷、月桂樹。野菜ならつるなしインゲン、トマト、キュウリ、ズッキーニ、レタス、オクラ、バナナペッパー、ケールが育てるのが簡単で使いやすくてよいです。ナスは好きだけど、今までよく出来たことがない・・・。根菜類も駄目・・・。ほうれん草も駄目だ・・・。garden beansでも、育てやすいものは、どんどん出来て食べるのが大変なくらい。御近所さんに持っていっても間に合わない。今日は、そんな野菜の一つ、garden bean (つるなしインゲン)を沢山食べました。新鮮なものなので、そのままの味を楽しみたくて、オリーブオイルをまぶして、塩コショウ、パプリカ、ガーリックパウダー、鷹の爪を振りかけて、375F(190度)のオーブンで20分焼くだけ。同じく採れ過ぎるキュウリも塩もみして水を切り、紫蘇とマヨネーズ、味噌、キーライムジュースで和えて添え、サラダとして食べました。年中こういう採れたてが食べられると嬉しいですけどね~。夏だけなのが寂しい・・・。

自家製ドライハーブ Sweet Basil

basil庭の野菜やハーブが急に大きくなってきています。ハーブは一度に大量に使うものではないので、去年までは沢山採れたときにペーストにしたりしていましたが、今年はディハイドレーターがあります!バジルの葉が大きく硬くなりすぎないうちに少しずつ収穫してはこのディハイドレーターに入れて、完全に乾燥させています。急速に乾かすので、長く天日干しにするよりも香りが強く残り嬉しいです。コーヒーメーカーや炊飯器、フードプロセッサーと台所の便利器具は場所を取るので買うのに躊躇しますが、これは買ってよかったと思います。お勧めです。そんな中、現在私一人断固反対しているのは、アイスクリームメーカー。ドミニクが大変欲しがります。花もドミニクの見方です。準備、後処理大変そう、アイスクリームを買ったほうが安くて、美味しい、早いでしょうというのが私の考え。パン焼器機は、良さそうですけどね~置く場所がないのよー!

basil 3basil 2

植物の相性 Companion Plants

companion-planting少しずつ時間を見つけては(やっと)野菜やハーブ、花を植えていっています。今年は植物の相性(コンパニオン・プランツ)を考えながら植えてみようと思います。害虫を避ける、受粉を助ける虫を呼ぶ、互いの成長を助ける、互いの風味を向上させる作用などがあり、あまり薬品を使わずに美味しく本来の香りや味を楽しめるということでちょっと楽しみです。でもいろいろな組み合わせがあって頭が混乱してきています・・・。今のところ確実に実行しようと思っているのは、トマトとバジル、キュウリとディル、ナスとパセリ、イチゴとほうれん草、ブロッコリーにカモミール、人参にコリアンダー、豆類にナスタチウム、かぼちゃにマリーゴールド(そして適当に間にニラや葱を植え込もうかな)という組み合わせです。ん~どうなるでしょ~。写真は、我が家の写真ではなく、イメージ写真です。