Category: Desserts

Macaroon-マカルーンー※カラフルマカロンじゃない

ついに卵白菓子レシピをゲット。失敗しないレシピ!先日、同僚が休む日にいつも息子を拾って学校に連れて行ってくれて有り難うとカードと共にこのマカルーンを作ってきてくれました。花と私はずーっとメレンゲ菓子に挑戦したかったのだけど、シンプルな分、失敗も多そうと敬遠してきたのでした。でも、ついにこれは美味しいし、簡単と言うし、実際に食べて味と食感も分かったから、よし作ってみようと思い、レシピを頂きました。チーズケーキやキーライムパイで卵黄を沢山使ったときの卵白処理に良いです。たったの二個分で大量にできる、でも軽くて美味しいから食べすぎに注意です。 材料 卵白 2個分 塩 1つまみ バニラエッセンス 小匙 1/2 グラニュー糖 2/3 カップ ココナッツ・フレーク 1カップ~もっと増やしても 作り方 オーブン余熱を325℃(160F)で入れる。 卵白、塩、バニラエッセンスをボールに入れ、電動泡だて器で柔らかい角が立つまで泡立てていく。 少しずつ砂糖を加えながら、泡立て続け、しっかりと角が立つまで混ぜる。表面には照りが出て、きめの細かさが出てきます。これをしっかり固めに泡立てないと、焼いたときにしぼみやすいのではないかと思います。一度、しぼんだマカルーンを食べた事がある、、、原因は、砂糖の量を減らしたとか泡立て具合のせいじゃないかと、、、 ココナッツを包み込むように(泡を潰さないように)混ぜ込む。 小さじですくい、油を敷いた天板に並べていく。倍くらいに膨らむので間隔を明けます。18個くらいできます。 20分焼いて取り出し、冷ましてから天板から外し、お皿に盛る。

Crepe

ストロベリーショートケーキに引き続き、イチゴを使った簡単デザート、クレープ。ただいつも作るパンケーキ(ホットケーキ)のベーキングパウダーと牛乳の量を調節するだけで作っている私たち。その日の朝の気分に合わせて作っています。 材料 小麦粉 1 カップ 塩 一つまみ 砂糖 大匙 2 ベーキングパウダー 小匙 1 (パンケーキのときは小匙1.5~2とブランドによって使い分けています) 牛乳 1.5 カップ ※ この分量に限らず、フライパンをまわして、鍋に薄くきれいに広がるくらいの緩さにします。(パンケーキのときは、1カップ) バニラエッセンス 数滴 バター(焼くとき用) 作り方 バター以外の材料をボールに入れ、泡だて器(電動でない)できれいに混ぜる。 フライパンに火を通し、バターを入れて溶かして広げる。 約4分の1カップの液をフライパンに流しいれ、フライパンを回しながら丸く薄く広げる。 簡単にすくい上げられるくらいに火が通ったら、お皿に上げて少し冷ます。 フライパンに残ったバターは、キッチンタオルでふき取り、再びバターを入れて焼くを繰り返していく。 バナナやイチゴ、好みの果物をスライスして並べ、泡立てた生クリームとチョコシロップ(ソース)をかけ、半月になるように折り重ねてから食べる。  

Strawberry Shortcake

アメリカのストロベリーショートケーキというと、こういうのなんだあ。私の担当している小学生が読んでいた絵本に載っていたレシピで作ってみました。日本のストロベリーショートケーキというとふわふわのやわらかーいしっとりしたスポンジケーキを生クリームで包み、切ったときにはスポンジの間の薄くスライスされたイチゴと、真っ白な表面にぷよっと盛られた生クリームのベッドにイチゴがごんと乗ったイメージ。でもアメリカ版は、スコーンのような又はケンタッキーでチキンについてくるビスケットのような甘くなくてちょっとごわごわとしたものがスポンジ。同じく二枚にスライスし、生クリームと大雑把にスライスしたイチゴを大胆に重ねて仕上げるのをストロベリーショートケーキというらしい。これが意外や美味しくて、花を始め皆がとっても気に入り簡単に出来るから、三週間程、平日週末構わず作り続けました。イチゴが美味しい季節にどうぞ。 材料 小麦粉 (all purpose flour)  2  カップ 砂糖  大匙 2 ベーキングパウダー 大匙 1 塩 小匙 1/2 バター 1/2  カップ (室温で柔らかくしておく。) 卵 1個 牛乳 2/3  カップ 生クリーム 1 カップ + 砂糖(砂糖を甘めに加えて泡立てる。) イチゴ 適量 好きなだけ 作り方 オーブン 450F(230℃) 小麦粉を篩いにかける。ベーキングパウダー、塩、砂糖の粉系材料を合わせて、もう一度篩いにかける。 バターを入れ、手でぽろぽろの状態になるまで混ぜる。 卵と牛乳を入れ、少しず全体が均等にしっとりするまで、やさしく合わせていく。 バターを塗った、又はベーキングシートを敷いた焼き型に入れ(3~3.5センチくらいの高さになります)、端が少し高くなるように整え、15分から18分焼く。 熱が取れたら、半分にスライスし、生クリーム、イチゴ、スポンジの順に重ねていき完成です。

Apple Picking  りんご狩り

先月のことになりますが、秋らしいカラリと晴れた暖かい日の夕方、車で20分くらいのところにある果樹園にりんご狩りに行ってきました。狙いは、「Fuji」 か「Gala」というりんごだったけど、殆ど採られてしまっていて、「Granny Smith」という緑で酸味の強いりんごのみとなってしまいました。 子どもたちは、りんごの種類など関係なし、とにかくつかみ取り、採り放題。時には落としてしまったり、上手くキャッチできたり、採るという行為を嬉々と楽しんでいました。 このりんごは、ワインなどのつまみとしてカマンベールチーズと一緒に食べると美味しいということを聞いたことがありましたが、アップルパイにしても美味しいと果樹園のおばちゃんが言ったので、Googleでグラニースミス用レシピを検索して、作ることにしました。 このレシピは簡単!もちろん冷凍パイシートを使ってのことですが・・・。りんごが旬で美味しいのか、レシピがいいのか、とても美味しいアップルパイが出来ました。 材料 冷凍パイシート バター  1/2カップ 小麦粉  大匙 3 水     1/4カップ 白砂糖  1/2カップ 三温糖  1/2カップ りんご   8個 (グラニースミス) 作り方 オーブンを425F(220℃)にセットする。 小さな鍋にバターを入れて、融かす。 2に小麦粉を少しずつ足して、クリーム状にする。 3に水、白砂糖、三温糖を加え、沸騰させる。 沸騰したら、火を弱めて、ソース状になるまで少し炊き詰める。 用意したパイ型にパイシートを広げ、スライスしたりんごを積み重ねていく。 4のソースを6全体にかけて、細く切ったパイシートで、格子状にガバーするように表面を飾る。 余熱しておいたオーブンに入れて15分焼き、350F(175℃)に下げて、35-45分(りんごが柔らかくなるまで)焼く。 お好みで泡立てた生クリームやバニラアイスクリームと共に食べる。  

White Chocolate & Coconut Cookie オーブンの季節  と おまけのChocolate Coconut Cookie

秋らしいからりとした気持ちの良い天気が数日続いたかと思ったら、今度は、ハリケーンの影響で、雨、雨、雨・・・寒い。10度前後にまで下がり、ヒーターを使っている週末です。庭仕事も出来ず、家族皆で、家の中をきれいにしようとぼちぼちやっています。休憩がてら、部屋もついでに温まるオーブンを使って甘いものも作りたくなります。ホワイトチョコレートチップとココナッツフレークがあったので、クッキーを作ることにしました。材料を順番に混ぜるだけ。アメリカンなちょっと柔らかめのクッキー。最近あまり駄菓子を買わなくなっていて、こういう甘いものに飢えていたので、パクパクと食べてしまいました。美味しかった~。二日目の日曜日は、チョコレート味にしてみたくて、ホワイトチョコの代わりに、ココアパウダーを入れてみました。甘さ控えめになって、ちょっとドライになったけど・・・。チョコレートチップですると良かったかも。 材料 1・3/4 カップ all purpose flour(中力粉)  小匙2 ベーキング・パウダー 3/4 カップ 砂糖 1/2 カップ バター 卵(大) 一個 小匙1 バニラ・エッセンス 1カップ ココナッツ(きざんであるもの:甘くしていないなら砂糖1カップ) 1カップ ホワイトチョコチップ (チョコクッキーのときは、ココアパウダー1カップ、砂糖は、1カップ) 作り方 375F(190℃)に余熱を入れる。 小麦粉、バーキングパウダー、砂糖を混ぜ合わせる。 バター、卵、バニラエッセンスを1に入れて、混ぜ合わせる。 ココナッツ、チョコチップを入れて、混ぜる。 天板にボール状に丸めた生地を並べていき、フォークで交差するように押しつぶしてていく。 8-10分焼いたら出来上がり。