Monthly Archives: May 2014

BLT Sandwich ベーコン・レタス・トマト・サンドイッチ

BLT sandwich「いつかBLTサンドイッチ作ってくれる?」って結婚して10年近く経つのにドミニクに初めて言われた。BLTといえばファーストフード店でハンバーガーの中に挟むか挟まないかで食べるものだと思っていたけど、「サンドイッチで食べるんだあ、そうだよねえ、確かにあるねえ。」ということで、アメリカ人の夫がいながら初めて家で作りました。もしかしていつも食べたいと思っていて我慢していたのか?和食洋食なんでも食べるドミニクなので、あまりアメリカ定番の食べ物をじゃんじゃん作らなきゃという意識がなかったのだけど、やっぱりこういうの、ドミニクは当たり前に好きなのよね。そうだよね。

でもね、凄くシンプルで簡単過ぎる。軽くトーストしたパンにマヨネーズを塗ってリカリに焼いたベーコンとレタスとトマトを挟むだけ「でいいんだよね?」って思わず確認しちゃったくらい簡単。そして私も食べてみたんだけど、さすがBLTとよく聞くことばだけあって、一口頬張って噛んで、すべてが混ざったときの味が「え~!おいしいやん!」。きっとこれはこれ以外のものを挟んでは駄目なのではないかな。ハムを挟むのとは全く違うんです。マヨネーズもマヨネーズに何か入れようなんて考えずマヨネーズだけがいいんだと思います。

ポプラの花 Tulip Tree

Tuliptree_flower

 

庭の木はすべて高木で、どんな花が咲いてどんな実がなっているのか落ちてこないとわかりません。引っ越してきた最初の春にとても激しい嵐が来て、その後に庭に沢山落ちていたのがこの花。調べたらポプラの一種で、チューリップのような花が咲くのでチューリップツリーと呼ばれている木の花だと分かりました。

今日は午前中から気温が高くて、午後になってにわか雨が降りました。庭がめちゃくちゃになっていないか心配で外に出たら、今年もお約束のこのポプラの花が所々に落ちていました。香りもとてもいいんです。この開花時期は、思わず庭仕事の手を止めてしまうほど風に乗ってやさしい、い~い香りがしてきます。

オートミールクラッカー Oatmeal Cracker

oatmeal cracker日本で学生のときに作ってみたオートミールクラッカー。アメリカ~ンな気分に浸って作ったけど、アメリカに住んでみてこちらで皆がよく食べている訳でもなかった。でも、オーツ麦を使ったデザートやスナック(シリアル)、スキンケア商品などは必ずお店にあります。今回なかなか食べ切れないインスタントオートミールが沢山あったので、20年ぶり(20年かよ~・・・)に花と彼女のお友達、デレイニーと一緒に作ってみたら、素朴な味とサクサクの食感を二人ともとても気に入りました。いつも多めに作って生地の状態で半分は冷凍しておきます。そうすればわざわざ作りたくないときにいつでもすぐに焼けるから便利です。生地はぼそぼそとしてオーツの形も残っているので、写真のように型抜きを使うとあまりきれいに切れないけれど、ナイフやピザ切りで縦横に四角くく切り目を入れて、フライ返しですくうときれいに天板に置いていけます。クラッカーなので薄く麺棒で広げる(台や麺棒に生地が引っ付かないように小麦粉を少し振りながら)のが美味しさのコツです。

材料

  • オートミール 250g (3カップ)
  • 小麦粉 250g (2カップ)
  • ベーキングパウダー 小匙 1/2
  • ベーキングソーダ  小匙 1/2
  • 三温糖 150g (1カップ)
  • バター 225g (1カップ)(2本)※溶かしておくかやわらかくしておく
  • 湯 1/4 カップ 生地がまとまらないようだったらもう少し足してみてください。

作り方

  1. 材料を全部混ぜて生地をまとめ、ラップをして数時間冷蔵庫で寝かせる。
  2. 粉を振った台に生地を乗せ、麺棒で2-3mmに広げ好みの形に切り、天板に並べる。
  3. 180℃(360F)で10分から12分焼く。※時間は調節してください。端がこんがりしてきたらいい(花はちょっと柔らかさがあるくらいに焼くのが好きなよう)です。少し長くカリカリに焼いたり、お好みで焼き上げるといいです。

Wild Blackberry 野生のブラックベリー(木苺)

wild black berry

引っ越してきたときはほんの数粒しか採れなかった野生のブラックベリー。この6年の間に家の周りの大きな木を切ったり、毎年落ち葉の処理をしてきたことで日が当たりだし、どんどん増えて、今年はこんなに白い花がついています。立派な実になる年、あまり実が大きくない年、最後までよく熟さない年と色々なのですが、今年は期待できそうです。写真ではよく分かりませんが、右上に写っているブランコの左側にもブラックベリーが広がっています。見た目は可愛いし、ベリーは沢山採りたい。でもこの植物、棘だらけ!そして葉の形がよく似ているツタ漆も共生することが多くて、そう簡単には採らせてくれない・・・。そ~んなことにはめげない私。早く実になれ~。

手作りバター Homemade Butter

butter 4この三連休は、花が好きなオートミールクラッカーを作ることになっていたのに、バターを買うのを忘れた。「ごめん!バターがない・・・」と言うと、「家で作れるよ。保育園で作ったことがある。でも材料をよく覚えてない」と。「じゃあ、インターネットで調べてみてくれる?」。ユーチューブで探してくれて、見てみると超簡単ではないですか!ラッキーなことに生クリームはあった。生クリームをシェイクし易いボトルに入れて、7分から10分くらい振りまくる。5分くらいでふわふわ生クリームができて、そのうちにコトコトという塊の音とチャポチャポという水分の音がし始める。コトコトいっているのがバターで、チャポチャポいっているのが脱脂乳。網に布巾かキッチンペーパーを敷いて漉したらバターの完成。やさしい舌ざわりと風味のバターができました。この状態では無塩なので、ちょっと塩を足して有塩バターです。昔、生クリームを作るときに混ぜすぎて分離し、もう使えないって捨てた経験があるけど、こうすればちゃんと使えたんだ。※なるべく小ぶりな容器に容器の3分の1くらいまで生クリームを入れて作る方が振りやすいです。あまり大きい容器だと重くて疲れ、生クリームも沢山入れるとふわふわ生クリームになってからが容器がいっぱいになりシェイクできません。

butter 3butter 2butter 5