Monthly Archives: March 2014

バントケーキ bundt cake

bundt cake 24先日、ベビーシッターに行った先のお母さんが、新しくなったオーブンでケーキを焼いたのでもし良かったら食べてみてくださいと言ってお仕事に行かれました。ベリーが入っていて可愛らしいケーキ。ちょっとだけ頂いてみようと小さく切って食べてみました。おいしい~!もうちょっともうちょっとと結局普通にしっかり食べてしまった。バントケーキはリング型の型で焼く、パウンドケーキのように重ためのケーキ。バント型は、亡くなった義母が残していった沢山のケーキ作り道具の一つにあって、どんなケーキに使うのかなあとずっと気になりつつしまって置いたのが我が家にありました。今回はベリーがなかったので、レーズンをラム酒に漬けて、ラムレーズンバントケーキにしてみました。※タイトルをクリックで手順を写真で。

材料  私は無塩バターを常備する習慣がないので、いつも有塩バターで作ってしまいます・・・。そのときは塩を使いません。

  • 小麦粉 2・1/2カップ
  • ベーキングパウダー 小匙2
  • 塩 小匙1
  • 無塩バター  1カップ(室温でやわらかくしておく)
  • グラニュー糖 1・1/2 カップ
  • 卵(大)  3個
  • バニラエッセンス 小匙 1/2
  • バターミルク  3/4カップ
  • ラムレーズン  1カップ
  • ラム酒風味のアイシング  粉砂糖 1カップ、 ラム酒 大匙3、 無塩バター 大匙1、 水 小匙1ずつ足していきながら

作り方

  1. 型にベジタブルオイルかバターを薄く塗っておく。
  2. グラニュー糖とバターをハンドミキサーで白っぽくなるまでよく混ぜる。
  3. 卵とバニラエッセンスも入れて、きれいに混ぜ合わせる。
  4. 小麦粉とベーキングパウダー、塩を混ぜたものの1/3を入れ、混ぜる。バターミルクの半分を入れて混ぜる。同じく1/3の粉類と残りのバターミルク。最後の残りの1/3の粉類という風に徐々に入れていき、きれいにざっくりと混ぜ合わせる。
  5. ラムレーズンを入れてざっくりと混ぜる。
  6. 型に入れて(硬めの生地なので流し入れるというよりすくって落とす感じになります)、均等に広げ、350F(180℃)に余熱しておいたオーブンに入れる。
  7. 40分焼いて、串に生地が付いてこなければ出来上がり。※40分くらいから串でチェックをしてみてください。まだまだ焼けていないと思っても、5分くらいで火が通ってしまうので、頻繁にチェックして、持っている型のサイズやオーブンに合った時間を見つけてください。
  8. 完全にケーキの熱が取れたら、少し流れるくらいのアイシングを作り、全体にかけて出来上がり。

クラムチャウダー Clam Chowder

clam chowder 3今年の冬は、雪の度にクラムチャウダーを作っていました。缶詰の貝を使うので、貝がどこにあるのか分からないくらい小さいのですが、風味でクラムを楽しんで?!具沢山で栄養を一ボウルに。フランスパンと一緒に食べるシンプルご飯。体が温まります。何度も作っているうちに冷蔵庫のあまり野菜をどんどん使い始めて、邪道だろうけどキャベツも入ったり。一度シアトルに行ったとき、友達と落ち合うまでに数日あって、毎日一人で大きなサワドブレッドボールに入ったクラムチャウダーを食べに行っちゃった。クリーミーな料理は大好き。太る訳です。花にそのようにして出すととても気に入って、それ以降「中をくり抜いた丸いパンに入れてー」と言って困りました・・・。お店のパンでも手作りパンでも混ぜて焼くだけパンでも時間に余裕のあるときには是非ブレッドボールで食べてみて下さい。 ※タイトルをクリックでもっと写真。

bread bowl cram chowder

 

 

ブレッドボールに入るとこんな感じです。食べにくいけど気分が変わっていいです。もちろんこの写真は、私が作ったときのではないです。私が作ったときは混ぜて短い時間発酵させて焼くだけのパンを一人分サイズに丸めて焼いて使いました。シアトルのはこれくらい大きかった!でも毎日全部食べた!

 

 

 

 

材料 彩りがよくなるように適当に好きな野菜を好きな分量で。

  • オリーブオイル(バター)
  • 玉葱
  • じゃがいも
  • にんじん
  • セロリ
  • グリーンピース
  • カーネルコーン(小麦粉と牛乳でクリーミーにする代わりにクリームコーンを使ったことも。そのときはカーネルコーンは入れませんでした。)
  • ズッキーニ
  • アサリ貝(新鮮なものが手に入らないので、私はいつも缶詰め・・・)
  • クラムジュース (味、出汁が足りないようであれば、コンソメスープやチキンスープの素を足していきます。)
  • 小麦粉
  • 牛乳、又は生クリーム
  • 塩コショウ
  • パセリ(ドライでも生でもあれば仕上げに振り掛ける)

作り方

  1. シチュウ鍋に野菜すべてを火の通りにくい順に油で炒めていく。塩コショウもしながら。アサリも入れる。
  2. 少し火が通ったら、小麦粉(大匙2~4、具材の量によって調節してください)を全体にふりかけ、よく絡み合わせる。
  3. クラムジュースと水を具が丁度か少し上までかぶるまで入れ、柔らかくなるまで煮ていく。とろみも出てくる。味が足りないようであれば、スープの素や塩コショウで味付ける。
  4. 具が食べられるくらいにやわらかくなったら、牛乳を入れる。沸騰させない程度に全体に火が通ったら火を止める。
  5. 器に入れて、パセリを振って出来上がり。

 

 

さようなら、サタン。 Bye Bye, Saturn.

saturn 005ドミニクが学生時代に友達から譲ってもらったというサタンの車。ドアの内側のカバーはないし、雨漏りはするし・・・。でも彼はこの車をとても信頼していて、「持っているどの車よりも確実にスタートして思い通りに走る、雪でも全く問題ないシンプルないい車なんだ」と言ってずーっと庭のどこかにあった。でももうあまりにもポンコツ。自動車廃品業者に取りに来てもらいました。気の変わらないうちに($200=約2万円で買ってもらう)引き取ってもらいました。新車や新しい物を買うお金がないというのはもちろんあるのでしょうが、男の人(ドミニクだけ?)は、ゴミじゃないかと思うような部品でも何かに使えると思ってとりあえず取っておいて、どんどん増える。もう一つ学生時代に確か$600ドルで譲ってもらった廃車寸前のエルカミノ(el camino)という車を修理して、塗装してアンティークカーとして登録(週末だけ乗れる)して大事に大事に、でもまたちょっと修理も必要で、結局ずーっと車庫に座っているのがある。今の生活スタイルを考えるとこういうのをこれから処分していかなくてはねえ、でも・・・でも・・・といってもう6年過ぎている。確かに私もなかなか捨てられない人だからその気持ちもわかる・・・。毎日生活しているとモデルハウスのようにすっきりとした生活とはいかないものですね。

el camino

 

 

これがもう一つ売ろうとしている車、エルカミノ。本当に大事にしてくれる人が出てくるまで待つつもりのドミニク。いつになるでしょうねえ~。写真は、修理に明け暮れることのできた学生時代のアパートの車庫前。手放そうなんて考えることになるとは思ってもいなかったでしょうね。色も赤ワイン色だったのをこの色に塗り替えたそうです。

春が来た!? Spring Has Come!?

tulips

 

春が待ち遠しい!!土曜日(木を切った日)は、とても気持ちの良い一日で窓もドアもぜーんぶ開けて、空気を入れ替えました。庭の水仙やチューリップも芽を出してきて、写真の花も嬉しくて並ぶ芽に沿って横走り。「早く畑して種植えよ!」と焦ります。でも、火曜日はまた雪予報。そして毎年ポカポカ春らしい日があっても、必ず5月の始めに霜が降りるから、母の日の週末までは畑作業は我慢なのです。 ピンクのお花は、同日にお友達から頂いたフリンジチューリップ(日本では「カミンズ」チューリップと呼ばれるのかな)。

 

 

tulipfringe tulip

プロのきこり Tree Service

Tree 5切るといいなあと感じ始めていた木3本をこればっかりはクボタでも無理で業者にお願いしました。 大きなトラックが一台着いたと思ったら、挨拶もそこそこに早速トラックを安定させる足が四方に伸びて、人を乗せた箱が上へ上へとスーッと伸びてチェーンソーでブイーン、ブイーンと5メートル間隔で切り落とし、根元まで切ったら今度は地面に転がる木を薪にできるよう短く切って、一時間半で終了!

いやーやっぱりプロは持つべき道具と手馴れた作業で素晴らしい仕事をしてくれます。彼らが去った後は、クボタの出番。直径30センチくらいの丸太を一箇所に運んで積み上げて、小さな枝や木も一気にまとめて庭の端へ。今週末もへとへとでした。

Tree 3Tree 6Tree 2Tree7