Monthly Archives: April 2013

一口どら焼き

材料(20個分)dorayaki

卵             3個
三温糖          60g
蜂蜜           大匙 3
薄力粉          150g
水             大匙6
ベーキングパウダー  大匙1.5
餡子           適量

作り方

  1. ボールに卵と砂糖、蜂蜜を加えハンドミキサーで泡立てる。角が立つ程ではなく、もったりとする感じで良い。
  2. 薄力粉とベーキングパウダーを加え、ゴムべらで白い部分がなくなるまでしっかり混ぜ、半分の水を加え混ぜ、10分寝かせる。
  3. 残りの水も加えて混ぜ、とろりとさせる。
  4. フライパンを熱し(熱しすぎるとすぐに焦げるので時々火から離しながら、調節します)、大匙1分をフライパンに楕円になるように薄く広げて焼く。
  5. 表面がぷつぷつと泡立つように焼けてきているのが分かったらひっくり返し、反対側も焼く。取り出してまな板などに並べていく。
  6. 荒熱が取れたどら焼きの皮を手に取り、餡子を小匙1ずつ真ん中に乗せ、折りたたむようにして包むと出来上がり。

※乾燥を防ぐために、盛り付けるお皿に載せて、熱が取れているようであれば、ラップでカバーをしておきます。

Flying Squirrel, Charlie

Charlie

犬を家に入れようと庭に出ると、何と目の前にちょろちょろとアメリカモモンガ!花は家の中。呼びに行っている間に逃げてしまう・・・捕まえるしかない!!抜き足差し足、両手でヨ!何度かすり抜けられたものの意外と簡単にゲット!英語では「Flying Squirrel」。脇腹のひだがかわいらしい。いや全部可愛い。花も私も犬もモモンガも大興奮。腕から背中、棚へ逃げながら気持ち飛んでるのが分かる。薪やほうきの枝に捕まってじっと動かず、それになりきる技もする。10分後見つけた場所に戻し、去っていくのを追ってみると棲家が分かった。家の真横の切り株の中。代々ここに居るのかなあ。人間である私たちの方が勝手に入ってきて住んでいるのかも。花がチャーリーと名づけ、切り株の上に誰の家かをマジックで書きました。その晩、このタイミング(二日前に花のニュージャージーの曾祖父が93歳で亡くなった)にこのような動物に会うなんて、曾おじいちゃんが花に会いたくてリスになって会いに来たみたいだねえって言うと「???。チャーリーは、そんなに年取っていないよ」だって・・・。